フリーワード検索

おすすめタグ

2018.11.27 12:01

韓国にて本日放送!イ・ジョンソク主演「死の賛美」を見るべき理由

イ・ジョンソク,死の賛美

[韓国エンタメニュース]

悲劇を乗り越えた愛の物語「死の賛美」がついにベールを脱ぐ。

27日、SBS「死の賛美」が放送される。「死の賛美」は朝鮮最初のソプラノ歌手ユン・シムドク(シン・ヘソン)と彼女の恋人で天才劇作家であるキム・ウジン(イ・ジョンソク)の逸話を描いた作品。華麗なキャスティング、制作陣、実話を基にしたストーリーなどが注目を集めている。ここでは「死の賛美」をより切なくロマンチックに感じられる視聴ポイントを挙げてみる。

◆イ・ジョンソク、シン・ヘソンが描く悲しくも眩しい愛
「死の賛美」は世間に広く知られている約100年前の悲しい恋物語を描く。朝鮮最初のソプラノ歌手というタイトルを獲得したが、愛する人との幸せだけは手に入れることが出来なかった女性ユン・シムドク。ユン・シムドクを愛し、悲劇的な運命に飛び込んだ男キム・ウジン。100年の時を越えた彼らの悲しくも美しい愛がお茶の間で繰り広げられる予定だ。

そのために、演技力とスター性を兼ね備えた2人の俳優イ・ジョンソクとシン・ヘソンが出会った。 どんな作品であれ、どんなキャラクターであれ、説得力のある演技で視聴者の心を盗む2人が約100年前の人生を投げ捨てるほど切実だった男女の愛をどのように描き出すのか、期待が高まる。

◆これまでスポットライトを浴びなかった天才劇作家キム・ウジンの作品世界
「死の賛美」は映画、演劇、ミュージカルなど様々なコンテンツを通して何度も上映されてきた。 約100年前の2人の愛が現在を生きる我々にも魅力的に近づいてきたという意味だ。SBS「死の賛美」はこの恋物語にもう一つの要素を追加した。これまでユン・シムドクとキム・ウジンの切ない愛に隠れ、スポットライトを浴びることがなかった天才劇作家キム・ウジンの作品世界を披露するというものだ。

劇中のキム・ウジンとユン・シムドクが愛に落ちたのは文章と劇を通じてだった。その後、2人の愛が続いたのも彼らがやり取りした文を通じてだ。暗鬱な時代、国を失った痛みと悲しみを文字と劇にそのまま描き出した天才劇作家キム・ウジンの作品がどんなものなのか、好奇心が刺激される。

イ・ジョンソク,死の賛美

◆苦痛、ロマンが入り交じった時代背景
「死の賛美」の時代背景は100年前の日本による植民地支配期だ。人々は国を失った悲しみに身を寄せ、民族を圧迫する集団に崩れ暗鬱な時代。皮肉なことにロマンが芽生えた時代でもあった。痛みの中でも新しい文物と知識が押し寄せるように入ってきたからだ。

それゆえ青春はさらに痛みをともなった。知識と文物に接しながら国を失った悲しみがどれほど残酷なのか、骨の奥まで感じたからだ。「死の賛美」は苦痛、そしてロマンと希望が入り混じった約100年前の朝鮮の物語を描く。その中で「死の賛美」が伝えようとする愛の物語に期待が高まる。

写真提供:SBS「死の賛美」

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

a.cp_btnCTG {font-size: 124%;width: 300px; padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #ffffff; border: 2px solid #ff69b4; border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #ffc0cb;}a.cp_btnCTG:hover {background: #db7093;color: #fff;border: 2px solid #ffffff;}a.cp_btnCTG img{vertical-align: bottom;}

 ドラマ「死の賛美」関連記事を読む

a.cp_btnD {font-size: 124%;width: 300px;padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #000;border: 2px solid #F4A460;border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #F4A460;}a.cp_btnD:hover {background: #FFDEAD;color: #000;border: 2px solid #F4A460;}a.cp_btnD img{vertical-align: bottom;}

 イ・ジョンソク関連商品を購入する

 イ・ジョンソク関連記事を読む

 イ・ジョンソク関連コラムを読む


特集