フリーワード検索

おすすめタグ

2018.10.10 03:01

「一億の星」ソ・イングク、女心を揺さぶる“ムヨンホリック”名シーンBEST3

ソ・イングク

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優ソ・イングクが多くの視聴者を“ムヨンホリック”に陥れている。
 
tvN水木ドラマ「空から降る一億の星」にて自由で危険な男キム・ムヨン役として活躍中のソ・イングクは初回から特別な魅力で視聴者を虜にしている。第3話の放送を控える中、これまでの第1話、2話にて視聴者をキム・ムヨン(ソ・イングク)ホリックに陥れた名シーンを集めてみた。
 
 
▼「だったらよかった、行って遊びなよ、もう」
陶芸展パーティーの日、ムヨンは自分を追ってきたペク・スンア(ソ・ウンス)と話している途中、彼の婚約者であるチャン・ウサン(ト・サンウ)を避けるため、彼女を引っ張って身を隠し、闇の中で上がった花火を一緒に眺めた。それ以前からムヨンへ不思議な好奇心を抱いていたスンアだったが、そこで見せた彼の深く静かな眼差しに完全にハマってしまったのだった。
 
 
▼「覚えてないんですか、覚えてないふりしてるんですか?本当に俺 初めて見ます?」
ペク・スンアの彼氏としてレストランに現れたキム・ムヨンと再会したユ・ジンガン(チョン・ソミン)。ジンガンは知らないふりをしながら「初めてお目にかかります」と言葉をかけた。しかし、彼は「俺たち4回も会ったことあるのに」と余裕のある笑みで答える。困惑するジンガンと不思議がるスンアの間で見せる彼の茶目っ気たっぷりの笑顔は4回ではなく、40回でももっと見たい魅力を感じさせた。
 
 
▼「連れて行きたい?」
ジンガンが近くにあったトラックの車輪の下にいた猫を見て大声を出した瞬間、ムヨンは真っ先に猫を救った。小さな猫を懐に抱き優しくなでる純粋な瞳に、彼を警戒していたジンガンだけでなく、女性視聴者の心が一気に揺さぶられた瞬間だった。
 
 
この他にも、無関心のような見せながらも自分のパーカーをジンガンの火傷の跡を隠すためにかけてあげる姿、スンアが飛ばした紙幣を探すため躊躇なく川に飛び込むシーンなど、ムヨンの女心を揺さぶる行動は女性視聴者の心を掴んで放さない。すべてに無関心のようでいながらも秘密めいた眼差し、無邪気な子供のようでありながらもふとした瞬間に見せる女心を揺さぶる行動、ソ・イングクの繊細な演技がキム・ムヨンの魅力を200%にも引き伸ばしている。
 
一方、「空から降る一億の星」第3話は韓国にて10日夜9時30分より放送予定。
 
 
写真提供:tvN
 

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「空から降る一億の星」紹介コラムはこちら
 


特集