フリーワード検索

おすすめタグ

2018.10.04 03:01

ソ・イングク、主演ドラマ「一億の星」で見せた圧倒的な存在感

ソ・イングク,空から降る一億の星,

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優ソ・イングクが拒否できない妙な魅力と“信じて見る”俳優の真価を立証、視聴者をブラックホールのように引き寄せた。
 
韓国にて3日より放送スタートしたtvN水木ドラマ「空から降る一億の星」にて、殺人容疑者であり自由で危険な男キム・ムヨンを演じるソ・イングクが圧倒的な感情の演技を披露、トラックから外を見下ろすキム・ムヨン(ソ・イングク)の感情のない表情と妙に吸い込まれるような眼差しは初登場から女心を刺激し、見る者の心を魅了した。
 
クラフトビール会社のブルーワリー助手キム・ムヨンはこの日出会った二人の女性ユ・ジンガン(チョン・ソミン)とペク・スンア(ソ・ウンス)にそれぞれ新鮮な衝撃を与えた。ビールに関するジンカンの問いに淡々と受け答えをしながらも密かに彼女を挑発した彼は、短い出会いの中でも決して忘れられない残像を残した。
 
また、自身の陶芸展で他人の作品を混ぜて展示し、望まないイベントを進行しなければならないペク・スンアの苦悩も一蹴した。ミスであるように問題の陶磁器を割り、平然と去っていくムヨンの行動は鳥かごに入れられた鳥のように生きてきた彼女を虜にした瞬間だった。
 
このようにソ・イングクは何にもとらわれないような態度と余裕ある笑みでキム・ムヨンというキャラクターの自由な魂を描き出すだけでなく、その中でどこか不安に見える彼の内面を毎瞬間ごとに鋭く見せながら、しっかりと築いてきた演技の実力を証明した。すべてに無関心のように見せながらも不安な内面、秘密めいた眼差しなど一つ一つを丁寧に表現するソ・イングクは初放送を強烈に導いた最大の立役者だった。
 
一方、ドラマ序盤にて女子大生殺人事件が発生した中、ムヨンとジンカン、ジングク(パク・ソンウン)兄妹の偶然な出会いと事件にはどんな繋がりがあるのか、視聴者の注目が集まっている。
 
ソ・イングクの歴代級の存在感を確認できる衝撃的運命のミステリー恋愛ドラマ「空から降る一億の星」第2話は韓国にて本日(4日)夜9時30分より放送予定。
 
 
写真提供:tvN水木ドラマ「空から降る一億の星」

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

 
「空から降る一億の星」紹介コラムはこちら
 


特集