フリーワード検索

おすすめタグ

2018.08.31 05:02

B.A.P、ファン愛に溢れたインタビュー&グラビア公開!

B.A.P

[韓国エンタメニュース]
 
 
韓流マガジン「M KWAVE」はコンセプトの“OSTENTATIV”(明確な、明白な)と調和したB.A.Pのグラビアを公開した。
 
B.A.Pはこれまでのイメージとは少し違ったコンセプトにもかかわらず、ベテランアイドルらしいプロフェッショナルの姿を披露、完璧な結果物を作り出した。
 
“Best.Absolute.Perfect”の略語で“最高の、絶対的な、完璧な価値を追求する”という意味を持つB.A.Pは2012年デビュー後、「Warrior」、「CRASH」、「Young」、「Wild&Free」など、多様なジャンルの楽曲を発表し、幅広いファン層を確保してきた。デビュー後、100回を超える公演を重ね“グローバル公演アイドル”として生まれ変わった彼らは最近、台湾、バンコク、ソウルなどでこれまで築いてきた音楽的な実力を披露しながらエネルギーに溢れる舞台を見せ、実力派グループであることを証明した。
 
そんな彼らにコンサートを終えた感想を聞くと「成功的に終わらせることが出来たのはファンのみなさんのおかげです」と、B.A.Pらしくファン愛が感じられる返事をしてくれた。また、ZELOは「ファンのみなさんにとても会いたかったです。本当は肘にギプスをしなければならないが、舞台に立ちたかったのでギプスの代わりに手術を選択しました」とし、「手術後、回復が遅れたらどうしようかと心配しましたが、幸い回復した状態で舞台に立つことができて幸せでした」と、ファンと舞台に対する情熱的な思いを話してくれた。
 
“グローバル公演アイドル”と呼ばるB.A.Pは「すべての公演が記憶に残るほど大切だ」と答えた。その中でも特に記憶に残っている公演を尋ねると「初のデビューショーケース、初の単独コンサート、初のワールドツアーが記憶に残っています。誰でも初めの記憶が多く残るものじゃないでしょうか?」と、ときめいたその瞬間を思い浮かべた。また、先日幕を下ろしたばかりのソウル公演も記憶に残る公演の一つだという。「舞台上で僕たちが成長して上手くなった姿を見ながら快感を感じました。反応してくれるファンの方々を見ると鳥肌が立つほど幸せです」と、舞台上での真摯なアーティストの面がうかがえる答えを聞かせてくれた。
 
デビュー後、一生懸命に走り続けてきたB.A.P。B.A.Pが10年後に開けることができるタイムカプセルを作るならどんなものを入れたいか、という質問にメンバーらは口を揃えて「ファンたちとの思い出を入れたい」とし、ヨンジェは「B.A.Pの活動記を盛り込んだ映像を入れておきたいです。ファンの皆さんと共に過ごした時間全部、僕が死ぬまで忘れられない大切な記憶だからです」と答えた。
 
最後に彼らは「B.A.Pは音楽を愛し舞台を愛する人が集まって作られたグループだが、ファンの皆さんがいらっしゃらなければ今までやってこれなかったかもしれません。平凡な僕たちが皆さんのおかげで特別な人になり、幸せな人生を生きています。ありがとう。そして愛しています」と、ファンへ心のこもった言葉を伝えインタビューを締めくくった。

 

B.A.P
 
 
B.A.Pの魅力とファンへの熱い愛が感じられるインタビューは「M KWAVE」52号に掲載中。
 
 
写真提供:KWAVE
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

B.A.P関連ニュースはこちら



B.A.P関連商品はこちら
 


特集