フリーワード検索

おすすめタグ

2020.04.23 11:42

韓国K-POP CD売上ランキング[2020年4月3週目]

【韓国CD売上ランキング】4/13~4/19 GAONチャート調べ
1位 CRAVITY – HIDEOUT_REMEMBER WHO WE ARE
2位 Apink – LOOK[9th MiniAlbum]
3位 NCT127 – NCT#127 Neo Zone[正規2集]
4位 WINNER – Remember[正規3集]
5位 スホ(EXO) – Self Portrait[1st MiniAlbum]

CRAVITY
CRAVITY

1位には9人組のボーイズグループCRAVITYのデビューアルバムがランクイン。
MONSTA Xらが所属するSTARSHIPエンターテイメントが約5年ぶりに輩出するボーイズグループということでデビュー前から大きな注目を集めていた彼ら。グループ名であるGRAVITYはCreativity(独創性)ととGravity(引力)を併せた造語として、独創的な魅力でファンをグループの宇宙に引き込むという意味が込められている。

CRAVITY「Break all the Rules」

Apink
Apink

2位にはApinkの9枚目となるミニアルバムがランクイン。
今年でデビュー10年目を迎えるベテランガールズグループだが、アルバムが発売されるや否やタイトル曲「Dumhdurum」は韓国の5か所主要音源チャートで1位になるなど、変わらぬ人気を見せている。
デビュー当初は”清純ドル”として人気を博していたが、2018年頃からそのイメージから脱皮し、透明さを残した大人の女性としての魅力を見せ、新たなファンの獲得にも成功。今後の彼女たちの活躍にも引き続き注目だ。

Apink「Dumhdurum」



過去のCD売上ランキングを見る>>






KOARIスタッフおススメK-POPコラムを見る>>