フリーワード検索

おすすめタグ

2018.09.21 10:13

【会員レポ】9/15「LEE SEUNG GI FAN MEETING in JAPAN 追加公演」レポ

「LEE SEUNG GI FAN MEETING in JAPAN 追加公演」が、2018年9月15日(土)あましんアルカイックホールで開催されました。
 
スンギさんは黒地に金色の模様の入ったキラキラした長袖のシャツ、黒いパンツ、黒い靴という服装で登場。熱い声援が沸き起こる中、オープニングは「すべてあげるよ」の歌で静かに幕を開けました。
「大阪で皆さんとお会いできて凄く嬉しいです」「楽しい思い出を一緒に作りましょう」と流暢な日本語での挨拶に司会の古家正亨さんが「日本語ぺらぺらですね」と言われると「ずっと日本語を勉強していました」と答えていました。
 
また「この服のコンセプトは大阪です」とキラキラと金色に輝くシャツを見ながら話すと皆さん大爆笑。
「今回の台風皆さん大丈夫でしたか?」「関西空港が無理なら福岡から新幹線で来る予定でしたが、関空から来ることができて良かったです」等々、日本語と韓国語を交えながら伝えてくれました。

 
トークタイムでは軍隊での写真を見ながらエピソードを色々話してくれました。
2年間の軍隊ではパラシュート部隊に所属していて「25kgの荷物を背負って400kmを10日間で歩いたこの訓練が一番つらかったです」とのことで「パラシュートはスカイダイビングと似ていて思ったよりも楽しかったです。除隊してからアメリカのスカイダイビングの学校の3週間コースに入るのが夢でしたが、周りの皆さんが反対したのであきらめました(笑)」と話していました。
続いて冬の寒い時期に軍隊の皆さんが冷たい水の中に入っている映像が映されると「スコップでは氷が割れないので電動のこぎりで割りました。人はこのようにして低体温になるんだなあと感じました」と過酷な訓練のエピソードを紹介しつつも「軍隊の2年間はとても意味のあるものでした。入隊があったからこそ今ファンの皆様とこのような時間を持てますし、また、放送などでも楽しく頑張れるエネルギーを持てるのだと思います」と話すスンギさんが頼もしく見えました。
 
現在撮影中のドラマ「バガボンド」はアクションジャンルのドラマで、スンギさんが演じるのはスタントマン役。
ゆえにアクションシーンが欠かせないそうですが「アクションが難しく、軍隊の特殊部隊に入っていなかったらこのドラマはできなかったかもしれません」と話していたように、軍隊での経験が俳優としても役立っているようです。
首にサポーターを巻いている写真が映し出されると「僕の役柄がスタントマンなので、車の転倒シーンを撮る時にけがをしないように首を保護しています」と、本格的なアクションシーンを撮影していることがうかがわれました。
「全部制作してから放送するので、来年の半ばぐらいに放送されるのではないかと思います。全てにおいてリアルなアクションシーンが出てくるので、楽しんで見ていただけると思います」と話していたように、これまでとはまた違ったスンギさんの演技を見ることができそうで期待が高まりますね。
 
この後はドラマ「花遊記(ファユギ)」に関して写真を見ながらのトーク。
出演を決めた理由は「花遊記(ファユギ)に出演しようと思ったのは、キャラクターとストーリーが面白いと思ったから」だそうで「孫悟空は今までの役柄と違って悪ガキのような雰囲気もあり、男性的なところも持っているような人物で、個人的には満足しています」と話していました。
「初めて登場する時は少し違った感じに見せようと思い、長い髪の毛のカツラをかぶってメイクをしました」「2話のエンディングで落ちていくシーンがあるのですが、僕が自分でやっているのではなく針金でつられています」といったエピソードを紹介してくれました。
「ファンタジーということで普通のドラマと違う難しさはありましたか?」という古家さんからの質問に「魔術をかける時の表情がうまくできなくて、日本のアニメの主人公のまねをしました」と答えたスンギさん。
また、真冬の撮影だった為「寒さのために口が凍ってしまって、セリフがうまく言えないことが大変でした」とも話していました。
お次はその「花遊記(ファユギ)」の名場面ベスト3をファンの方と再現するコーナーに。
スンギさんに抽選で選ばれたファンの方達がステージでドラマの名場面をスンギさんと共に再現されました。
 

次の舞台の準備の為にスンギさんがしばらく退場されている間には「花遊記」で共演したチャ・スンウォンさん、「チプサブイルチェ」で一緒にやっているBTOBのソンジェさん、イ・サンユンさん、ヤン・セヒョンさん、「花遊記」でも共演した同じ事務所のボラさん、「バガボンド」で共演中のスジさんからのファンミーティング開催をお祝いする楽しいメッセージ映像が流されました。
 
 
真っ赤なスーツに大きい星の柄が入った白いシャツを着て、金色のスニーカーをはいたスンギさんが再び登場した後は「チプサブイルチェ」に関するトークタイム。
「このバラエティーは初めての大きな挑戦で、今まで一緒にやっていた方々から離れて自分の番組を作っていくというのが心配でしたが、視聴率も良く、たくさんの方に愛されていて、気分の良いスタートをきっています」と話していました。
番組の中で熱唱している映像が流された後には、その中で歌っていた「愛していたが」をアカペラで歌ってくれました。
「伴奏なしで歌ったのは初めてです」とのことでしたが、伸びの良い高音がとても素敵で、歓声とともに凄い拍手が沸き上がってましたよ!
 
「ファッション王 イ・スンギ」の映像では、ヤン・セヒョンさんと交換した小さいサイズの可愛いキャラクターのTシャツを着て登場したり、黒でキメた空港ファッションの様子に会場は大爆笑でした。
ちなみに「服は黒が好きですが、一番好きな色は赤です。でも赤は目立ってしまうので着られないですよね」と話していました。
 
 
トークの後は会場の皆さんが参加するゲームコーナーに。
スンギさんがキーワードを聞いて○か×を選び、それに当てはまった方が残れるというルールです。
最後まで全て当てはまった10人の方がステージでスンギさんとの2ショット写真撮影と、スンギさんがモデルをされているLEADERSの商品とポスターをもらわれていました。
 
 
ファンミーティングも終盤となり、スンギさんと会場の皆さんでの記念撮影タイム。
「関西のファンの皆さんと過ごしたファンミーティングはとても楽しかったです」というスンギさん。
これからの計画については「バラエティーとドラマの撮影で忙しい日々が続くと思います。年内にCDを出したいと思っていましたが、1ヶ月間ドラマの撮影でモロッコに行くので忙しくなりそうです」とのこと。
でも「来年ぐらいにはCDを準備する予定です」ということだったので歌手イ・スンギのカムバックにも期待が高まります。
 
 
挨拶を終えて一度退場したスンギさんは真っ白なシャツに、タキシードスタイルの白の上着を着て、左胸にキラキラしたバッジを付け、黒いパンツ、黒い靴で再び登場し「俺の女だから」「Smile Boy」を熱唱してくれました。
そしてアンコールの「旅に出よう」では皆さん立ち上がって大盛り上がりとなりました!
 
エンディングの映像にはスンギさんが私たちに書いてくれた自筆の手紙が映し出されたのですが、スンギさんの思いが伝わる手紙でした。
 
 
そしてまだ終わりではありません。今回はスンギさんと参加者全員のハイタッチイベントがありました。
鮮やかなオレンジピンクの長袖のスエットシャツに黒いパンツ、黒いスニーカーをはいたスンギさんが再登場。
本当に沢山のファンの方達が集まったので、全員とのハイタッチは相当大変だったと思いますが、終始笑顔のスンギさんでした。
 
 
スンギさん、本当に楽しいファンミーティング、ありがとうございました。

 


【公演概要】

「2018 LEE SEUNG GI FAN MEETING in Japan 追加公演」

開催日時:2018年9月 15日(土) 開場17:00/開演18:00

会   場:兵庫・あましんアルカイックホール

イベント特設サイト:http://www.koari.net/2018_lsg/







イ・スンギ関連ニュースはこちら

イ・スンギ関連商品はこちら



イ・スンギ関連コラムを見る

 


特集