フリーワード検索

おすすめタグ

2014.12.02 03:55

【会員レポ】11/26「TEAM H PARTY」大阪公演レポ

11月26日(水)に大阪城ホールで行われた「TEAM H PARTY Raining on the dance floor」大阪公演に行って来ました。

天気は生憎の雨…。うなぎ(チャングンソクさんのファンの愛称)のみなさんはやっぱり?と思った方も多いですよね。
でも雨が降るとグンちゃんが日本にいる実感がわくのは私だけじゃないはず(笑)。

私がこのツアーに参加するのは、名古屋、埼玉に続いて3回目になります。
毎回公演の度に進化した姿を見せてくれるTEAM Hに今回もワクワク!
恒例になってきたグンちゃんが直接行う場内アナウンスが終わり、開演直前になると会場にかかっているBGMに合わせて自然と手拍子が始まりました。

そして「Raining on the dance floor」のPVとともに暗転、みんなの手拍子が揃い期待が高まってきたところでオープニング映像が流れギターの1Kさんが登場!
かっこ良くギターソロを決めてくれたところで「Open the door」の音と共にBig Brother(以下BB)が登場!!
そして続いてヒョウ柄のジャケットを来たグンちゃんがサイドステージから大歓声と共に登場!

そのまま「Do it on the speaker」「Just wanna have fun」「What is your name」と会場はどんどん盛り上がってきた……はずが次の「チャムルマンクム チャマッソ」で音が切れてしまうハプニング!
BBとスタッフさんが急いで修復をしている間にグンちゃんは会場のお客さんと掛け声の練習などをしていましたがそれだけでは時間が足りず、BBに「早くしろよー」と。
でも「今回のツアーは今までミスが一度もなかった。どうしてだろうと思っていたけどついにやった(笑)でも大阪でTEAM Hらしい姿が見せられてよかった」と言っていました(笑)

無事にパソコンも直り「Listen to me」の後「NO HUMAN SMELL」で会場に降りてバズーカや水鉄砲でアリーナのお客さんと遊ぶグンちゃん。
そして「Sunshine」、その後「Only one」の掛け声とともにグンちゃんは一旦退場。

ここからはBBが一人でプレイ、モニターにはグンちゃんの舞台裏の様子が映し出されます。
今回はたこ焼き屋台に近づいて行ったりダンサーさんの楽屋に乱入したり…さっきまでのかっこよかったグンちゃんからやんちゃな少年モードに早変わり(笑)

BBも演奏が終わり退場すると、名古屋・埼玉では控え室でスタッフさんとゲームで対決するコーナーでしたが、今回は事前にうなぎから集めた質問に答えるコーナー。
(質問の内容はDVDにて!)

そして質問コーナー終了後「準備に向かう前にファンに言いたいことは?」とグンちゃんに聞かれたBBは「パソコンがダウン。本当にごめんなさい。理由はわからない。大阪のエネルギーがそうさせたのかも?」と。

BBが控え室を出ようとするとスタッフさんより二人の絵が描かれたお祝いのケーキが!二人とも絵と同じポーズをとった後、美味しそうに一口。

続いては公演の度に話題になるアタックのコーナー(笑)
名古屋公演初日、思い切った演出にびっくりしたうなぎを見て逆にビックリしちゃったグンちゃん。
それから毎回頭を悩ませていたみたいですが、今回は女性ダンサーさんとの「Gold digger」となりました。
そして「I’m so ghetto」「Getting Over」「SHAKE IT」「Rock and roll tonight」「Welcome to my world」「Raining on the dance floor」と続き、グンちゃんは一度着替えのために退場。

その間BBはソロで「As time goes by」を歌い始め、グンちゃんが合流して歌った後、2人で「Beautiful change」。
 
ここで一旦MCタイム。
グンちゃん:「ここまで、名古屋・福岡・埼玉と安全にやってこれた。スタッフさん、来てくれたみんな、共演者のみんなありがとう。そしていつも隣にいてくれるBBも本当にありがとう」
黙って片手をあげて返事をするBB、これだけでも2人の素敵な関係が伝わってきたのですが、さらに素敵なエピソードが!

グンちゃん:「次の作品の台本を見せて、こんな役はどう?ってBBに聞いてみたら、おまえなら何をやっても信じられるって」
……このエピソードを聞いた途端涙が止まらなくなりました。
何をやっても信じてくれる友達がいるグンちゃんと、何をやっても信じられる友達がいるBBがとても素敵で羨ましくもありました。

そんな感動をくれたあとアコギでしっとりと歌う「Driving to the high way」のサビ、そのまま「Driving to the high way」「Take me」と続きました。
「Take me」ではスタンド席の後ろからたくさんの大きな風船が降りてきて、グンサギライトの光と風船のカラフルな世界がスタンド席からはとても綺麗に見えました。

そしてアンコール。
「Party tonight」「Feel the Beat」のあと終わりのBGMを流すBBに、グンちゃんが「ガラケチャやらなきゃ!」と。
BBが慌てて「カット、カット」と音楽を止めると、グンちゃんがパソコンをいじり「Gotta Getcha」を再生、最後の最後まで大盛り上がりの公演でした。

そしてグンちゃんが退場する直前、「みんな大好きやー」と…私たちうなぎもそんなグンちゃんが大好きだよー!!

前に出て思いっきりアピールをするグンちゃんと、すこし控えめだけどしっかりグンちゃんを支えTEAM Hの素敵な曲を生み出してくれるBig Brother。
こんな二人が作り出す音楽や世界にこれからもずっとずっと注目して応援していきたいなと改めて思った日となりました。

TEAM H関連商品はこちらから

■チャン・グンソク JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.jang-keunsuk.jp/top.html


特集