フリーワード検索

おすすめタグ

2019.07.19

「WWW」チャン・ギヨン、甘く切ない繊細な演技

チャン・ギヨン,WWW
チャン・ギヨン,WWW

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優チャン・ギヨンの甘さと切なさを行き交う繊細な演技が光った。
 
18日、韓国にて放送されたtvN水木ドラマ「検索ワードを入力してください:WWW」第14話ではモゴン(チャン・ギヨン)とタミ(イム・スジョン)が別れを迎え、視聴者の悲しみを誘った。
 
この日、タミの愛が違うことを認めたモゴンは「もう行って。僕が手放せば行くでしょ」と結局彼女を手放した。それでも「ここに来ないで。そんなことが無いように。もしあったら、そばにいてあげられないから事前に謝ります。ごめんなさい」という言葉を残して見る者の涙腺を刺激した。
 
また、モゴンはパリへ発つ実の母親に会って「母さんは僕を育てることをあきらめた時、どんな気持ちでしたか?理解したくて。とても大変だったでしょ」と率直で切ない対話を交わした。悲しくも幸せな彼の表情からは複雑で微妙な感情を感じ取ることが出来た。
 
チャン・ギヨンはこのようなモゴンの多様な感情の変化をかすかな眼差しと震える声で繊細に表現した。無条件に直進する“ときめき爆撃機”のような魅力で劇中の甘さを担当してきたモゴンだったため、彼の悲しい目元はさらに印象的だったという評価だ。ここに感性的な台詞が加わって視聴者の共感を呼び起こした。
 
一方、最後の2話を残す中、タミとモゴンカップルがハッピーエンドを迎えることができるのか。関心が集まる「検索ワードを入力してください:WWW」は韓国にて毎週水・木曜午後9時30分より放送中だ。
 
 
写真提供: tvN
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

チャン・ギヨン,
「2019 JANG KI YONG JAPAN FANMEETING ~First Contact~」詳細を見る

a.cp_btnCTG {font-size: 124%;width: 300px; padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #ffffff; border: 2px solid #ff69b4; border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #ffc0cb;}a.cp_btnCTG:hover {background: #db7093;color: #fff;border: 2px solid #ffffff;}a.cp_btnCTG img{vertical-align: bottom;}

 

 チャン・ギヨン関連商品を購入する
 チャン・ギヨン関連記事を読む
 チャン・ギヨン関連コラムを読む
 


特集