フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.17 05:01

「陪審員たち」パク・ヒョンシク、初のスクリーン挑戦に期待が高まる理由

陪審員たち,パク・ヒョンシク,ムン・ソリ

[韓国エンタメニュース]
 
 
各世代の実力派俳優たちの結合が期待を集めている映画「陪審員たち」のパク・ヒョンシクがドラマ、ミュージカルに続き初のスクリーン挑戦に乗り出す。
 
2008年、韓国に初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した「陪審員たち」は初めて国民参加裁判の陪審員になった普通の人々が彼らだけの方式で少しずつ事件の真実を見つけていく内容を描いた映画だ。
 
ドラマ、ミュージカルで活発な活動を続けているパク・ヒョンシクが「陪審員たち」を通じて初の商業映画に挑戦、観客の熱い期待を集めている。
 
ドラマ「相続者たち」、「力の強い女ト・ボンスン」など様々なジャンルとキャラクターを多彩な魅力で表現、「SUITS」では天才的記憶力を持つ偽の新入弁護士コ・ヨヌ役で安定的な演技力が認められたパク・ヒョンシクはドラマに続きミュージカル「エリザベート」で死(トート)役を演じ、優れた歌唱力と舞台マナーで観客を魅了した。

 

スーツ,エリザベート,パク・ヒョンシク
 

このようにドラマとミュージカルを行き来しながら多彩な魅力を披露しているパク・ヒョンシクが「陪審員たち」で諦めることを知らない青年起業家8番陪審員のクォン・ナムウに扮し、新しい面を披露する予定だ。裁判長や同僚の陪審員から睨まれながらも疑いの余地が消えるまで問いを繰り返す突飛な魅力のクォン・ナムウは、パク・ヒョンシク特有の純粋で親しみのある魅力が加わり多くの共感を呼ぶだろう。
 
特に、ホン・スンワン監督と共に長い間力を入れてキャラクターを構築したパク・ヒョンシクは確固たる面とともにピュアな情熱を持つキャラクターを自分のカラーで完壁に表現したという。このようにドラマとミュージカルに続き商業映画に初挑戦したパク・ヒョンシクは「陪審員たち」にてキャラクターへの特別な愛情と努力で8番陪審員クォン・ナムウのキャラクターを完成、ムン・ソリをはじめとする陪審員との演技アンサンブルで初の国民参加裁判をさらにリアルかつ興味深く描き出すだろうと期待が高まっている。
 
韓国初の国民参加裁判を扱った新鮮な素材、興味深いストーリーと信頼度の高いキャスティングで期待を高める映画「陪審員たち」は韓国にて5月16日公開予定だ。
 
 
写真提供: 映画「陪審員」、ドラマ「SUITE」、ミュージカル「エリザベート」ポスター
 
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


パク・ヒョンシク&ムン・ソリ掲載「CINE21」NO.1201を購入する

 

 映画「陪審員たち」関連記事を読む
 

 パク・ヒョンシク関連商品を購入する
 パク・ヒョンシク関連記事を読む
 パク・ヒョンシク関連コラムを読む
 


特集