フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.17 10:00

知英、「連続ドラマW そして、生きる」に初の韓国人役で出演決定!!

JY,知英,ジヨン,
 

[韓国エンタメニュース]

 

有村架純×坂口健太郎の最強タッグで贈る純愛ラブストーリー

「連続ドラマW そして、生きる」

女優・知英が初の韓国人役で出演決定!!

有村架純×坂口健太郎で贈る、今を生きる全ての人に捧ぐ珠玉のヒューマンラブストーリー。
現代日本で美しく逞しく生き抜く彼らの姿を人間ドラマの名手・岡田惠和がオリジナルで描く。

今夏、WOWOW にて有村架純、坂口健太郎をキャストに迎え、人間ドラマの名手・岡田惠和が紡ぐ究極のオリジナルヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」をお届けする。本作は東北と東京を舞台に、過酷な運命を生きた2人の男女・瞳子と清隆、そして彼らと巡り合わせた人々の人生を描いた珠玉の感動作だ。愛とは―。そして、生きるとは―。

誰もが経験し、誰もが共感する数々の出会いと別れを繰り返し、人は強く、美しくなり、そして人生はより愛おしくなる。激動とも言える現代に生きる瞳子と清隆は悩みながらも自らの意志で道を選択し、人生を切り開こうとする。運命に翻弄されながらも葛藤し、強く生きていく2人の交錯する未来に何が見えるのか。

主人公・瞳子役を演じるのは連続テレビ小説「ひよっこ」で岡田惠和とタッグを組んだ有村架純。日本を代表する国民的女優となった有村は「連続ドラマW 海に降る」から4年、待望の連続ドラマ W 出演となる。
もうひとりの主人公、清隆役を演じるのは映画、ドラマ、舞台と活躍の場を広げ、今最も旬な若手俳優である坂口健太郎。WOWOWへのドラマ出演は初となる。また、脚本には連続テレビ小説「ひよっこ」などを手掛けた岡田惠和。監督は大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』(17)や話題作『君は月夜に光り輝く』などでメガホンをとった月川翔が連続ドラマWで初の演出を手掛ける。本作は豪華スタッフ・キャストが集結し、心の機微を浮き彫りに描き現代社会に生きる全ての人に捧げる渾身作となる。

この度、新たな豪華キャストが解禁!日本の K-POP ブームを最前線で巻きこした女性アイドルグループ「KARA」。そのメンバーとして活躍後、現在はドラマ、映画、舞台など幅広く活動している知英が初の韓国人役で本作に出演することが決定!

彼女が本作で演じるのは、有村架純演じる瞳子と同じカフェで働く韓国人のハン・ユリ。ハンは色々な国を転々とし、働きながら文化を感じ、吸収していくという自由な人生を生きる女性。日本の盛岡を訪れた時に瞳子と出会い、しばらく暮らすことに。そこで人生で初めての地震を経験し、共に気仙沼のボランティア活動に参加することとなる。

実は初の韓国人役となる知英だが、劇中で独特な日本語で常に場を和ませる愛くるしい演技に注目だ。

〈ストーリー〉
3歳の時に交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村架純)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、時に地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。そして、19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに覚悟をもって挑もうとするが、本番前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。その年の秋―。瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン(知英)とともに、気仙沼でのボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚えていた。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼での日々をともに過ごした瞳子と清隆はいつしか互いに特別な感情を抱いていく―。

脚本:岡田惠和(連続テレビ小説「ひよっこ」「最後から二番目の恋」ほか)
監督:月川翔(『君は月夜に光り輝く』『君の膵臓をたべたい』ほか)
出演:有村架純 坂口健太郎 知英 ほか
特設サイト:https://www.wowow.co.jp/dramaw/ikiru/

WOWOWプライムにて夏放送予定

 

 

JY,知英,ジヨン,

©2019 WOWOW INC.

知英 (ハン・ユリ役) コメント

 

●本作のオファーを受けたときの気持ちやシナリオの印象
ドラマ出演での韓国人役は今までになかったのですが今回このような素晴らしい作品に出演できることとなり、最初は私でいいのかな?と思いましたがこれはもう運命だと実感しました。
韓国人役として演じることに深い意味も感じていますが初めて言葉の壁を気にせずに演じられる役でもあるので思い切り役に挑んでいます。
今までは日本語を完璧に演じることを考えていましたがそれをくずすことになんだか寂しさを感じてしまうところもありますが…

●ハン・ユリ役についての印象や初の韓国人役を演じられることについて
自分が生きていたい女性像だと思うのでハンとして生きるのがとても楽しみです。
私自身、3.11の日に日本にいて地震を経験しました。
ドラマの中でもハンがこの日を経験することになりますがその思いを投影し共有できるような感じがしています。
あと、ハンの台詞は韓国人の話す日本語なので私が日本語に慣れる前の語り口調を映像で見返したりして取り入れています。

●視聴者へメッセージ
”そして、生きる”というタイトルだけでも胸がいっぱいになります。
生きている理由、私が私らしくいられる今、たくさんの人々の出会いがあるから、そう。生きられる。そう気づいたとき、再び頑張って生きていけるんだなと思います。
いい人生って何だろう?
誰もが考えるテーマだと思います、このドラマはすべてのキャラクターがもがきながら葛藤し自分の生きる道を探すことが描かれているヒューマンドラマです。
演じていてすごく気持ちがいいですが、この期間私はハンと一緒に生き、自分も成長していきたいです。そんな私をぜひ観ていただきたいです。

 JY(知英)関連記事を読む


特集