フリーワード検索

おすすめタグ

2017.06.22 11:11

「王は愛する」イム・シワン×ホン・ジョンヒョン×ユナ、最後の撮影終了…”幸せだった”

王は愛する,ホン・ジョンヒョン,イム・ユナ,イム・シワン,

[韓国エンタメニュース]

「王は愛する」のイム・シワン、ホン・ジョンヒョン、イム・ユナ(少女時代)が最後の撮影を終え、心境を伝えた。

MBC新月火ドラマ「王は愛する」は、高麗時代を背景に三人の男女の異なる愛と欲望を描いた耽美主義メロファクション時代劇だ。100%事前制作で、イム・シワン、ホン・ジョンヒョン、イム・ユナを始め、オ・ミンソク、チョン・ボソク、チャン・ヨンナムらが出演し、注目を集めている。

「王は愛する」は15日、忠清南道・扶余郡近郊で最後の撮影を進行し、約6ヵ月間に渡ったロケを終えた。最後の撮影も、イム・シワン、ホン・ジョンヒョン、イム・ユナら、これまで昼夜を問わず熱演を続けてきた俳優とスタッフらが共に、最後まで全力を尽くした。

撮影終了後にイム・シワンは、「たくさんの俳優とスタッフ達が6ヵ月に渡り苦楽を共にしながら撮影した作品だ。毎日一緒にいたので、撮影が終わった後は寂しくなると思う。一生懸命に撮影しただけに視聴者の方々にも楽しく見てほしい」と、心境を伝えた。

ホン・ジョンヒョンは、「まだ寒かった頃から始めて猛暑が始まるまでの6ヵ月の間、ワン・リンを演じながら泣いたり笑ったりした。辛い瞬間でも良い俳優、スタッフ達と一緒だったので耐えることができた。撮影が終わったのはまだ実感が沸かないが、むしろ残念な気持ちが大きい。放送ではどう映るのか気になるし、期待もしている。同時に少し緊張もしている。(これからは)視聴者の立場で、あと一ヶ月ぐらいしかない初放送まで、わくわくしながら待つ」と、語った。

イム・ユナも、「6ヵ月間、良い方々と共にした。とても感謝している。ウン・サンというキャラクターは新たな挑戦だった。ワン・ウォンとワン・リンのおかげでどきどきしたし、熾烈なほど悩みながら演技できて幸せだった。私達の大切な時間が視聴者の皆さんに伝われば、と思う。今年の夏は、ウン・サンと一緒にたくさんの方々がときめいてくれたら嬉しい」とした。

制作会社ユーストーリーナイン側は、「この15日に行われたラスト撮影を最後に『王は愛する』の全ての撮影が無事に完了した。寒い冬から蒸し暑い初夏まで全国津々浦々を巡り、チームを導いてくれたキム・サンヒョプ監督を始めとするスタッフ一同と、イム・シワン、ホン・ジョンヒョン、イム・ユナ、オ・ミンソク、チョン・ボソク、チャン・ヨンナムら熱演を見せてくれた出演俳優、最後まで面白いシナリオ執筆に汗を流してくれたソン・ジナ作家に感謝の挨拶を伝える」とした。続けて、「仕上げの作業に心血を注いで、ウェルメイド・ドラマを披露する」と伝えた。

ドラマ「王は愛する」は、韓国にて7月に放送される。

写真提供:U-story9

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「王は愛する」関連ニュースはこちら


特集