フリーワード検索

おすすめタグ

2016.10.25 02:05

キム・ジェウク、グラビアで退廃と純粋の間を表現

キム・ジェウク,

[韓国エンタメニュース]

俳優キム・ジェウクが退廃と純粋の間を行き来する両面性の魅力を表現した。
 
24日、イギリスファッション&カルチャーマガジンDazed & Confused11月号は、ユニークで独自の経歴を着実に蓄積しているキム・ジェウクのファッショングラビアとインタビューを公開した。
 
柔弱なようでどこか退廃的な雰囲気が共存するキム・ジェウクの魅力を表現する今回のグラビアで、彼はモデル出身らしい洗練されたポーズと多彩な眼差しを披露し、現場にいたスタッフたちが絶賛した。
 
同日に行われたインタビューでは、今回公開された映画「徳恵翁主」で主人公と政略結婚で結ばれた夫を演じることになった背景への質問に「初めてシナリオをもらったときは、ホ・ジンホ監督が好き過ぎてためらうことなく作品に出演することにした。 若い時代から老年に至るわずか3シーンのみの登場だが、分量的に惜しいというより、この作品の中で重要な役柄をどのように表現しなければならないかすごく悩んだ」と答えた。
  
またバンドWalrusとして音楽活動もしている彼に、演技と音楽両方の領域で叶えたい究極の目標を聞くと「少し大げさに話すと、唯一無二の俳優になりたい。Walrusは来年頃、徐々に活動を再開する計画を立てている。 Walrusはお金になるバンドではないが、自分たちがやりたい音楽を曲げずに続けたい」と語った。

 

キム・ジェウク, 

一方、キム・ジェウクは、 日本の女優中山美穂と共に主演を務めた日韓合作映画「蝶のように眠る」(監督:チョン・ジェウン)の撮影を終えており、12月には、「他の道がある」(監督:チョ・チャンホ)の公開を控えている。 キム・ジェウクの感覚的なファッション写真とインタビューは Dazed & Confused11月号で見ることができる。
 

写真提供:Dazed & Confused

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

イ・ジョンソク
DAZED & CONFUSED Korea11月号はこちら


特集