フリーワード検索

おすすめタグ

2016.09.21 07:01

ファン・ジョンミン、“こんなに幸せだった現場は初めて”

ファン・ジョンミン

[韓国エンタメニュース]

 

21日午後、ソウル・往十里CGVにて映画「阿修羅」のマスコミ試写会が行われ、キム・ソンス監督を始め、主演を務めたチョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクが出席した。

 

劇中では悪徳市長のパク・ソンベ役を演じたファン・ジョンミン。主演陣の中で最も年上ということでプレッシャーについて聞かれると、「全くなかった。去年の釜山国際映画祭で5人が顔を合わせたが、その時に『次僕らが一度に共演できる機会はいつ来るかわからない。だから本当に一生懸命やろう。重い作品ではあるが、僕たちは楽しくやっていこう』と話した」とし、また「撮影が始まる前からよく5人で集まり、お酒も飲んで色んな話をした。お互いに配慮し、足りない部分を補いもした。現場がこんなにも幸せだった記憶は他になかったと思う」と作品と共演者への愛を語った。

阿修羅
(左から)チョン・マンシク、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、チュ・ジフン

 

 

「阿修羅」は地獄のような世界で生き残るために戦う悪人の物話を描いた犯罪アクション映画。チョン・ウソン、チュ・ジフンのほかに、ファン・ジョンミン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクなど韓国を代表する演技派俳優らが主演に名を連ねた。「ビート」「太陽はない」「MUSA-武士-」のキム・ソンス監督がメガホンを取っており、来る28日に韓国で公開される。

 



韓国エンタメ総合情報サイト KOARI

 


特集