フリーワード検索

おすすめタグ

2016.07.23 10:00

夫婦役化学反応にも注目!韓国コメディ・クイーン オム・ジョンファがソン・スンホンに厚い信頼

ミス・ワイフ

[韓国エンタメニュース]

昨日まではミス (独身弁護士)、今日からワイフ (平凡な主婦)!?
キャリアウーマンに訪れた逆転生活を愉快な笑いと心温まる感動で描く、ハートフル・ラブコメディ!
映画『ミス・ワイフ』8/13(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開!

映画は恋愛も結婚も百害あって一利なしと信じるキャリアウーマンが、一日にして誰かの妻であり母となり、180度逆転した人生を生きることになった物語を軽快なタッチとユーモアで描き出すラブコメディ。主人公のキャリアウーマンの敏腕弁護士ヨヌ役を演じたオム・ジョンファは『TSUNAMI-ツナミ-』『ベストセラー』などで堅実な演技とオンリーワンの存在感を示してきた韓国を代表する女優。2012年に公開された主演映画『ダンシング・クイーン』は韓国で400万人以上を動員した大ヒットを記録。韓国のコメディ・クイーンの名をほしいままにしたかと思えば、映画『悪魔は誰だ』では誘拐事件で子供を失った女性を熱演。
 
幅広い役柄で実力を発揮する変幻自在の韓国の実力派女優が本作で挑戦したのは、独身敏腕弁護士から一日にして平凡な主婦として生きることになった“ヨヌ”。オム・ジョンファは「母親の役は子供をこらしめる役柄だったので楽しかった」と笑いつつ、「成功という壁に閉じ込められていた女性が家族を通じて予想もしなかった感動を覚え、心の壁を壊して変化していく姿に魅力を感じた」と語っている。実生活では独身のオム・ジョンファだが、「独身の女性が感じることのできない感情を短期間でも経験できる時間であったし、映画の撮影中“ヨヌ”の感情がまるで自分自身の感情であるように感じられ、俳優としていい機会が得られた」と本作への愛着を口にしている。
 

ミス・ワイフ

 

堅実で家族思いの優しい夫ソンファン役で出演しているソン・スンホンとは本作が初共演だが、「ソン・スンホンは意外な場面でみんなを笑わせた。神の一手のようなキャスティングというか…」と口にし、信頼し合って撮影に挑んだオム・ジョンファとソン・スンホンの息の合った夫婦の演技にも注目してほしい。
 
映画『ミス・ワイフ』は8/13(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

 


勝訴率100%、高給取りの独身敏腕弁護士ヨヌ(オム・ジョンファ)は夢にまで見たニューヨーク本社転勤の辞令が下りる直前に、不慮の交通事故に遭ってしまう。生死の境をさまようヨヌの前に現れた怪しげな男イ所長 (キム・サンホ)。彼は、ひと月他人の人生を生きれば元に戻すことを提案する。ただし、誰にも正体を見破られてはいけないという条件付き。目を覚ました彼女に訪れたのは、2人の子持ち主婦の戦争のような日常!町内の主婦連中との嵐のような井戸端会議に、1枚35ウォンの紙袋折りの内職まで。晴天の霹靂のごとき真逆人生にパニックに陥るヨヌ。しかし、依然として敏腕弁護士の属性を捨てきれないヨヌは突発的な行動を繰り返す。夫ソンファン (ソン・スンホン)と子供たちは訳も分からないまま妻・母の変化にうろたえ始めるが…!

 
監督:カン・ヒョジン(『花嫁はギャングスター』)
出演:オム・ジョンファ(「魔女の恋愛」『悪魔は誰だ』) ソン・スンホン(『情愛中毒』「マイ・プリンセス」)キム・サンホ(『海にかかる霧』) ラ・ミラン(『私の愛、私の花嫁』)   
2015年/韓国/124分/カラー/シネスコ/5.1ch/
原題:미쓰 와이프/配給:クロックワークス
© 2015 Megabox Plus M All Rights Reserved   
公式HP:misswife-movie.com 
 


特集