フリーワード検索

おすすめタグ

2015.03.09 01:26

チソン、「キルミー・ヒールミー」撮影中に急性声帯炎も撮影続行

俳優チソンが急性声帯炎の診断を受けたにも関わらず撮影に臨んでいたことが明らかになった。
 
9日チソンの所属事務所ナムアクターズによると、先日3日チソンは現在自身が主演中のMBCの水木ドラマ「キルミー・ヒールミー」の撮影準備中に突然声が出なくなる症状があらわれ、急性声帯炎の診断を受けたという。
 
休息が必要だという医師の言葉にも関わらず、現在ドラマは終盤に差し掛かっている大事な時期。チソンは撮影を続けるために現場に復帰したという。
 
所属事務所は「チソンが作品に対して強い責任感を持っている。もう少し休んだほうがいいのではないかという周囲の言葉にも“むしろ演技ができないことがよりストレスとなる”と語った」とし、またチソンの症状については「今はだいぶと回復した」とした。
 
ドラマ「キルミー・ヒールミー」でチソンは主人公チャ・ドヒョンを始め7つの人格を持つ多重人格者を演じており、彼の出演が作品の80%を占めている。
 
ドラマ関係者は「昼間に撮影しなければならないシーンが多いので撮影を中断することができない状況だった。チソンもそれをわかっており、自身の病気を隠しながら演技していた。待機時間にもひたすら台本を読み、次のシーンをイメージするなど全てにおいて情熱的だった。チソンの配慮と俳優魂に現場は感動した」と語った。
 
現在放送中のMBCドラマ「キルミー・ヒールミー」は今週12日に最終回を迎える。
 
 
 
 

 


特集