フリーワード検索

おすすめタグ

2014.05.13 02:05

パク・ソンウン、“イ・ミンギの本当の性格はすごく男らしい”

パク・ソンウンがイ・ミンギの性格について語った。
 
13日午前、ソウル・狎鴎亭CGVで映画「皇帝のために」の製作報告会が行われ、パク・サンジュン監督とイ・ミンギ、パク・ソンウンが出席した。
 
この日パク・ソンウンは「今回イ・ミンギと初めて会ったが、キャラクターが母性本能をくすぐるタイプではなく、本当は男らしかった。現場にくれば『お兄さん、いらっしゃいましたか』と言って挨拶もきちんとする。現場では可愛がるしかなかった」と絶賛した。
 
続けて「イ・ミンギはお酒の相手に最高だ。ものすごく優しくて心のうちを全てさらけ出せる人。人というのは遠まわしに話したり、この人にはこの程度話しておこうというようなことがあるが、イ・ミンギには全て話すことができる。他の俳優たちが知らない話も彼は全て知っている」と愛情を見せた。
 
また演技についても「鋭い演技が本当にナイフのようですばらしい。僕がハンマーで殴るような感じだとすればイ・ミンギは刃が立っている。葬儀場でロングテイクで撮るシーンがあったのだが、それを見ると顔が尖っていて突き刺しても血一滴も出ないような表情だった」と語った。
 
「皇帝のために」は勝った者だけが生き残れる男たちのリアルな世界を描いたノワール映画。将来を期待された野球選手だったが賭博組織と関係を持ったことにより全てを失ったイ・ファン(イ・ミンギ)。人生のどん底でイ・ファンは釜山最大規模のサラ金組織「皇帝キャピタル」の代表サンハ(パク・ソンウン)と出会う。イ・ファンは生まれ持った勝負根性と行動で徐々に自分の領域を広げ、隠していた野望を育てていく。

映画「皇帝のために」は6月12日に公開予定だ。

 


特集