フリーワード検索

おすすめタグ

2013.05.13 02:25

イ・ミンギ-キム・ゴウン、映画「モンスター」クランクイン

イ・ミンギとキム・ゴウンが、映画「モンスター」のクランクインを無事終えた。

イ・ミンギとキム・ゴウンは5月5日、春川の田舎村で「モンスター」の本格的な撮影の開始をスタートした。
ポクスン(キム・ゴウン)が復讐を決心し家を出るシーンと、ポクスンが去った家を訪れるテス(イ・ミンギ)の様子が撮影された。
初撮影で緊張した雰囲気の中でも、既に映画の中のキャラクターに見事になりきったような俳優達の姿は今後どんな映画が完成するかに期待が高まっている。

「モンスター」は、血も涙も無い残忍な殺人鬼 テスにより一人っきりの妹を失ったポクスンの復讐を描いたスリラーで、「不気味な恋愛」のファン・イノ監督が演出を担当し、これまでになかったスタイルの映画を作る予定だ。

殺人鬼テス役を演じるイ・ミンギはキャラクター作りの為に食餌療法と運動を並行してがっしりとした筋肉質な体に変身、これまでとは正反対の強いイメージを見せる予定だ。
一方、殺人鬼テスに立ち向かうポクスン役にはキム・ゴウンがキャスティング、映画「ウンギョ」で見せたピュアで官能的な姿とはまた違ったイメージチェンジをおこなう。

イ・ミンギは「初日の撮影現場の雰囲気が良かったので今後が更に楽しみだ。『モンスター』は基本的にスリラーだが、それが全てではない独特な映画だ。キャラクター達が作っていく部分が少なくないので責任感と情熱を持って映画を完成していきたい」と伝えた。

「モンスター」は今後3ヶ月程撮影が予定されており、今年の年末頃の公開を目標にしている。


特集