[ 今注目のキーワード ]  ドラマ「ビューティー・インサイド」 │  パク・ヘジン │  JKS「Nelson Diary」 │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ   >  芸能

チャン・ギヨン、「“眼差しがいい”という言葉、本当にありがたい」

2018/10/11 16:01  芸能

チャン・ギヨン


[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優チャン・ギヨンがスターマガジン「HIGH CUT」の表紙を飾り、多彩な魅力を披露した。
 
グラビアには透き通った肌とシャープなあごのラインから感じる少年美、すらっとしたスタイルと和やかなビジュアルから感じられる青年美、完璧な比率のスーツスタイルから放たれる紳士美、さらに演技力まで兼ね備えた次世代の男が登場した。チャン・ギヨンはカットごとに完璧な姿と細やかな目線の使い分けで異なる男性美の香りを表現し、印象的なグラビアを作り上げた。
 
撮影後のインタビューにて、人気を実感する瞬間はいつか、という質問に対して彼は「『ゴー・バック夫妻』以降、気づいてくださる年齢層が30~40代にまで広まった。モデル活動の時は主に10代の女子学生ファンが大部分だった」とし、「最近は撮影が終わってご飯を食べに行くと、40代のおじさんたちが挨拶してくださったり、ロケ撮影の時は70~80代のおばあさんたちも喜んでくださる時がある。俳優としてもっと俳優らしい姿を見せたいという欲が湧いた」と語った。
 
次回作に「バッドガイズ-悪い奴ら-:ザ・ムービー」(マ・ドンソク、パク・ヘジン出演、法の枠外で悪が悪を処断するというコンセプトで2014年放送当時人気を集めたサスペンスドラマの映画版)を選んだ理由について聞くと、「単純な理由だ。ノワールアクション映画が元々好きでもあり、良いチャンスが訪れた時にちゃんとアクションを学び、うまくやりたいと思っていた」とし、「スタッフ、そして俳優の先輩の方々と一緒に作業するということにわくわくした。ドラマ『バッドガイズ-悪い奴ら-』にはない新しいキャラクターを演じるが、これまでお見せできなかった魅力をお見せすることができて嬉しい」と伝えた。
 
さらに、最近聞いた称賛の中で最も気分が良かったのは何か、という質問には「“チャン・ギヨン、眼差しがいい”という言葉が本当にありがたかった」と答えた。続いて「ずっと期待される俳優でありたい。普段はイタズラも好きで明るいチャン・ギヨンだが、作品の中では違った呼吸をする、そんな俳優の姿をお見せするのが目標」と俳優としての抱負を語った。
 

チャン・ギヨン


チャン・ギヨン


チャン・ギヨン

 
一方、チャン・ギヨンのグラビアは「HIGH CUT」229号に掲載される。
 
 
写真提供:「HIGH CUT」229号
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


チャン・ギヨン関連ニュースはこちら

チャン・ギヨン関連商品はこちら 

 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.