[ 今注目のキーワード ]  パク・ソジュン │  イ・ジョンソク ファンミーティング │  JKS THE CRISHOW ROCKUMENTARY │  コン・ユ │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ   >  芸能

映画『我は神なり』ヨン・サンホ監督のインタビューが到着

2017/10/13 10:42  芸能

鬼才ヨン・サンホ監督インタビュー到着!
「人間の信念の本質、問いかけてみたかった」

ヨン・サンホ


[韓国エンタメニュース]


人間の暗部や格差社会の問題を起点にした社会派アニメーターとして韓国を牽引し、初の実写映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が日本でも公開され話題を呼んでいる鬼才ヨン・サンホ監督。そんなサンホ監督の長編アニメ2作目にして、世界各国の映画祭で高評価を獲得した映画『我は神なり』が、10月21日(土)より公開となります。この度、ヨン・サンホ監督のインタビューが到着致しました。


Q監督自身がこの作品で追及しようとしたテーマ、思いをお教えください。
記憶をたどってみると、この作品を書いた時は、エセ宗教を通じて、人間の信念の本質のようなことを問いかけてみたかった気がします。「果たして人間は信念がなくても生きることができるのか?」。あるいは、「間違った信念を持った人をあざ笑う権利が、私たちにはあるのか?」など、人間が持っている信念、信頼の本質について問いかけたかったのです。
 
Q『我は神なり』は実写映画を想定してシナリオを書いたそうですが、長編アニメーションで表現した理由をお教えください。また、『新感染 ファイナル・エクスプレス』という実写の傑作を撮り終えた今、今後はどのように実写とアニメーションを撮り分けていこうと考えていらっしゃいますか?
韓国のアニメーション産業はとても小さいんです。また、私のように大人を対象としたアニメーションを作る人間は、ほぼ皆無といっても言い過ぎではないでしょう。私はもともとアニメーションの監督ですので、自分の作品をすべてアニメーションとして作るのが夢でした。しかし現実的な様々な問題で、アニメーションだけに固執するのは難しい状況でした。それで、『我は神なり』を実写映画として作ろうかとも考えたのです。しかし、実写映画としても投資が集まらない中、非常に低予算で『The King of Pigs』をアニメーションとして製作する機会が巡ってきました。そこから、『我は神なり』のアニメ化が自然に実現したんです。現在は実写映画の『新感染 ファイナル・エクスプレス』が、私の作った3本のアニメーション作品より興行成績がよいため、投資者の立場ではリスクの大きなアニメーション作品より実写映画を強く勧める状況です。しかし、今後もよい機会があれば当然、アニメーションを作り続けたいと思っています。
 
Q『我は神なり』は、ダム建設で水没を運命づけられた村という舞台の設定がとても印象的です。この映画の世界観を、どのようにイメージを膨らませて作ったのでしょうか。
『我は神なり』の舞台である韓国の田舎の村は、十数年前までは「温かくて人情の厚い」という言葉で語られる場所でした。しかし、ポン・ジュノ監督の『殺人の記憶』以降、韓国の田舎の村の持つ不気味なイメージが台頭し始めました。私も『我は神なり』で、一件スリラーと似合いそうにない田舎野村という設定で、怪しげな雰囲気を作ることができるだろうと思いました。また、最初に設定を考える時、この村を「終末が運命づけられた村」にしたいと思いました。そして、現実の世界において「村の終末」とは何だろうと悩んだ末に、ダム建設による水没予定地域の村という設定にたどり着きました。そのことが、村の住民たちの感じる喪失感や疎外感の底にあるのです。
 
Q監督は、影響を受けた監督としてイ・チャンドン監督を挙げています。また以前、本作に関して、デビット・リンチの「ツインピークス」への憧れがあったとおっしゃられています。イ・チャンドン監督の『シークレット・サンシャイン』や「ツインピークス」からの影響はあったのでしょうか?また他にイメージした監督や作品はありますか?
『シークレット・サンシャイン』の持つ「許すことの二重性」「和解の二重性」など、私たちが普段当然視していることを、裏面から眺めるイ・チャンドン監督の視線が好きです。また「ツインピークス」の場合は、平和に見える田舎町がはらむ奇怪で恐怖に満ちたイメージが好きだったような気がします。他にも日本の漫画家・古谷実の「ヒミズ」という作品がとても好きです。『我は神なり』の絵柄や表現、雰囲気に多くの影響を受けたと思います。
 
Q主要キャラクターの造型について、どのようにつくりあげていったのかお教えください。
当初の企画から、「真実を語る悪人」と「偽りを言う善人」の対決を描くのが目標でした。私たちはしばしば、ある人が真実を語っているにもかかわらず、その語っている人のイメージが自分の望むものと違っていたり、自分が認めることができない悪人であったりする時、彼の言葉を嘘と見なしてしまいます。逆に、言葉を語っている人が善人だという理由で、彼の話をすべて真実だと思ったりもします。これが、人が間違った信念を持つようになる重要な契機だと思いました。このことを宗教的なものに限らず、様々な事柄で見ていく中で、ストーリーを引っ張る主要キャラクター2人の設定が決まりました。
 
Qキム・ミンチョル役のヤン・イクチュンの声優としての評価をお教えください。
ヤン・イクチュンはとても繊細な人です。そんな繊細な人が、キム・ミンチョルという会話がまったく通じない壁のような人物を演技することで、キム・ミンチョルのキャラクターがより複雑になり、深みを増したと思います。ヤン・イクチュンは、監督と声優という立場ではなく、共に映画を作った同僚のように感じています。
 
Q監督自身の「信仰」についての考え方を聞かせて下さい。
私自身は、信仰についてそんなに深く考えてみたことがないので、何を申し上げていいかよく分からないですね。しかし言えるのは、私はほとんどすべてのことについて疑問を感じる人間だということです。
 
映画『我は神なり』は、10月21日(土)ユーロスペースほか全国順次公開。
 

我は神なり
 
STORY ダムの建設によって水没することが運命づけられた片田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産を狙うギョンソクの悪行を阻止しようと奮闘する。しかし村人も警察も札付きのワルであるミンチョルの言い分にまったく耳を傾けず、四面楚歌に陥った彼は“悪魔に憑かれた男”の烙印を押されてしまうのだった…。

監督・脚本:ヨン・サンホ 製作総指揮:キム・ウテク 
声の出演:ヤン・イクチュン/オ・ジョンセ/クォン・ヘヒョ/パク・ヒボン
2013年/韓国/ドルビーデジタル5.1ch/原題:サイビ/英題:THE FAKE/101分  
©2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD INC. & Studio DADASHOW All Rights Reserved.
配給:ブロードショウ  配給協力:コピアポア・フィルム  warekami-movie.com


韓国エンタメ総合情報サイト KOARI

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.