[ 今注目のキーワード ]  パク・ソジュン │  TRCNG │  チャン・グンソク主演「スイッチ」 │  チョ・インソン │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

チャン・グンソク全国ホール・アリーナツアー“2015 JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ”武道館でついにファイナル

2015/06/04 19:38  芸能

3/14の大阪・オリックス劇場を皮切りにスタートしたチャン・グンソクの全国ツアー
「2015JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ」が大盛況のうちに幕を閉じた-


およそ5万5千人を動員した、チャン・グンソク2015 HALL ARENA TOUR “THE CRISHOWⅢ-MONOCHROME-“が6月3日(水)に日本武道館でツアーファイナルを迎えた。

これまでの華やかなショー的要素を封印し、彼の楽曲の世界を丁寧に余すことなく伝える構成となった今回の“THE CRISHOWⅢ-MONOCHROME-“はシンプルでありながらも、細部まで綿密に作り込まれた演出でチャン・グンソクのアーティストとしての成長と無限の可能性を感じさせるツアーとなった。
 

特に紗幕を使ってのアナログな世界と、プロジェクションマッピングの要素を取り入れて表現された映像の世界は
ステージ上の本人と見事なシンクロを生み出し、映像と光による幻想的な演出で観客達を見事にMONOCHROME
の世界に引き込んだ。
 

全国6か所のホール公演ではこれまでの「よりファンの近くに」というコンセプトを最大限表現し、アリーナ公演ではホール公演と同様のセットリストでありながらも、公演を通してさらに表現力に磨きのかかったチャン・グンソクが前半の幻想的なバラード、そしてダンサーと共に圧巻のパフォーマンスを見せた後半のロックテイスト、それぞれ
緩急をつけたステージングでアリーナの広い会場を自分の世界に染め上げ、自身がツアーの序盤で話していた通り、
まさに「歌」を通して観客と心を通いあわせるようなステージとなった。


途中のMCでは、これまで支えてくれたファンへの感謝の気持ちを何度も言葉にして伝えていた。
また武道館のステージに立つのは自身3度目となるが、これまでは主演ドラマのファンミーティングや音楽ユニット
であるTEAM Hとしての公演であった為、ソロとしては初めて。
3ヶ月にわたるツアーの集大成としても、この武道館というステージは感慨深いものであったようだ。

3月の大阪を皮切りに、新潟・福岡・岡山・静岡・札幌と続いたホール公演、そして神戸と東京で行われたアリーナ公演あわせて、8地域全16公演を大成功におさめたチャン・グンソクの今後の活動に期待したい。


またこのツアーの模様をおさめたLIVE DVDの発売が決定!!
ホールラストの札幌公演を収録した≪HALL ver.≫とオーラスとなる武道館のアリーナ公演を収録した≪ARENA ver.≫の2タイトルで発売される予定だ。

さらに5/10(日)に神戸ワールド記念ホールで行われたアリーナ公演の模様が6/30(火)にTBSチャンネルで放送される。
 


 
主催(株)フラウ・インターナショナル

【放送情報】
■CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」にて6月30日(火)午後11時~放送決定!
『2015 チャン・グンソクライブTHE CRISHOW Ⅲ in 神戸』
※5月10日(日)兵庫ワールド記念ホール公演のライブ&バックステージの模様をお届け。
詳しくはhttp://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o1651/

【チャン・グンソクに関する情報】
■チャン・グンソクジャパンオフィシャルサイト http://www.jang-keunsuk.jp/

■2015 JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ〜MONOCHROME〜HALL TOUR BOOK
発売日2015年6月5日(金)
詳細ページ:http://www.jang-keunsuk.jp/crishow3_dvd/

■2015 JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ〜MONOCHROME〜DVD HALL ver.&ARENA ver.
発売日:2015年10月10日(土)発売予定
DVD詳細ページ:http://www.jang-keunsuk.jp/crishow3_dvd/

■ポニーキャニオンオフィシャルサイト http://www.ponycanyon.co.jp/jang_keun_suk/

 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.