[ 今注目のキーワード ]  話題のタルゴナコーヒーって? │  ドラマ「愛の不時着」 │  韓国ミュージカル │  “ウガウガ会”とは? │  観客動員100万映画 │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

イ・ミンジョン誕生日記念!「偽りのフィアンセ~運命と怒り~」ミンジョン演じるヘラが放つ、禁断の愛を手にする衝撃の台詞5選!

2020/02/16 12:00  芸能

 

©2018. 2019 Hobakdungkul &iHQ all rights reserved.



[韓国エンタメニュース]


チュ・サンウク×イ・ミンジョン、4 年ぶりの豪華再共演で話題沸騰の「偽りのフィアンセ~運命と怒り~」DVD-SET1&DVD-SET2、レンタル DVDVol.1~20 が好評リリース中!

本作は数々の主演作で人気を誇るチュ・サンウクが、政略結婚を目前に運命の女性と出会い人生が激変する財閥 2 世インジュンを熱演!対するヒロイン・ヘラを演じるのは、“ラブコメクイーン”で名高い女優イ・ミンジョン。「ずる賢いバツイチの恋」のコミカルな離婚夫婦から一変、偽りの運命に揺れながら真実の愛を求める激しくも切ないラブロマンスで、新たな金字塔を打ち立てた。さらに、日本でも絶大な人気を誇る“SUPERNOVA”ユナクが、明るく爽やかなフリーターを演じ、記念すべき韓国地上波ドラマ初出演!復讐に人生を捧げたヒロイン、愛に運命を賭けた財閥の御曹司…2 人の過去を結ぶ驚愕の真実とは!?一度観たら止まらない大人のノンストップ・スパイラル・ラブストーリーを DVD でお楽しみください!


★全話リリース記念!略奪愛を成功させたヘラが放つ衝撃の台詞 5 選を一挙公開!


1.「いい靴を履いた人が私に近づいてきたら、心を盗んで見せる」
ヘラは、自身の夢を追いかけたがために、植物状態で寝たきりになってしまった姉のヒョンジュ。物語の前半に“いい靴を履けば~”というフレーズが何度も登場するが、1 話ラストのこの台詞はヘラの人生が一変する大きな覚悟も感じる。

2.「私が何をしても、心を許さないで」
見知らぬ男テオから突然、「インジュンの心を盗んでほしい」と依頼され、姉の治療費を工面するべく引き受けたヘラ。インジュンの熱烈なアプローチを受け彼の会社の靴デザイナーとして働くことになる。この一言がインジュンの心を後に大きく乱すことになるのだが、果たしてどのように作用するのか?!

3.「私を刺激すると後悔するわよ、盗んでみたくなる。泥棒猫みたいに」
婚約者であるインジュンを惑わすヘラに苛立ちを覚えるスヒョン。インジュンに近づかせないよう挑発したものの、逆に煽られてしまい怒り爆発!ヘラの口角を少し上げる馬鹿にしたような表情も相まって、思わず悪寒がする女同士の戦いの火蓋がきられる瞬間は必見だ。

4.「すべてを捨てて私を選んで」
財閥 2 世の地位を捨ててまでも、ヘラとの愛を優先しようとしたインジュン。ヘラの思わせぶりの態度に悩んでいたインジュンだったが、彼女からこの一言を受けて覚悟を決める…。2 人のなかなか縮まらない距離間にドキドキしつつも、ヘラの新たな思惑が動き始める展開に思わず手に汗握ってしまう!

5.「全部奪うわ。あの人の地位やお金、それに心も」
姉の復讐のためにインジュンに近づくも、だんだん愛する気持ちが芽生えてきて迷いが生じてきたヘラ。親友・ソニョンに結婚を止められるも、自分の人生を支えてくれた姉が植物状態になってしまった原因を追究するべくもう引き返せないヘラ。彼女が放つ決意の一言から真相が明るみに出るまでの怒涛の展開は見逃せない!

 

 

©2018. 2019 Hobakdungkul &iHQ all rights reserved.

 


「偽りのフィアンセ~運命と怒り~」
DVD-SET1&DVD-SET2 レンタル DVD Vol.1~20 好評リリース中
各\19,000+税 発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/fiancee/ トレーラー https://youtu.be/eygMAF4oB94
U-NEXT にて独占先行配信中! https://bit.ly/2ZjqbVW



偽りのフィアンセ
偽りのフィアンセ~運命と怒り~DVD-SET1&2を購入する




 ドラマ「偽りのフィアンセ」関連記事を読む


 イ・ミンジョン関連商品を購入する
 イ・ミンジョン関連記事を読む
 イ・ミンジョン関連コラムを読む

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.