[ 今注目のキーワード ]  話題のタルゴナコーヒーって? │  ドラマ「愛の不時着」 │  韓国ミュージカル │  “ウガウガ会”とは? │  観客動員100万映画 │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

映画『スピード・スクワッド』本編映像解禁!

2019/12/13 14:01  芸能

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『神と共に 第二章:因と縁』武術監督と
豪華キャストが放つ、爆走サスペンス・アクション!
映画『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』
大迫力のカーアクション!本編映像解禁



コン・ヒョジン,GongHyoJin,リュ・ジュンヨル,RyuJunYeol,チョ・ジョンソク,JoJungSuk,キム・キボム,KimKiBum,スピード・スクワッド

 
[韓国エンタメニュース]


『神と共に 第二章:因と縁』『新感染 ファイナル・エクスプレス』『毒戦 BELIEVER』『The Witch/魔女』『アシュラ』を製作したスタッフが集結した爆走サスペンス・アクション『スピド・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』が12月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショーとなります。


このたび解禁となった映像は、逃走したトラックをパトカーに乗ったシヨン(コン・ヒョジン)とミンジェ(リュ・ジュンヨル)が華麗な運転さばきで追いかける映像で、本作の見どころの1つでもある大迫力のカーアクションが楽しめる映像となっている。

高速道路の分離帯に寄せて、パトカーで囲んだ所で犯人が逃走をはかったところで、もう一人の運転手を捕まえるためミンジェがパトカーに飛び乗り、トラックの窓ガラスを破壊。
さらに逃走した犯人をシヨンが追いかけルシーンはスピードを上げて走りぬく車の合間を縫って追いかける記念なシーン。最後にシヨンが車に飛び乗り、犯人に足蹴りを食らわせる、アクション好きにはたまらないシーンの連続となっている。

 


本作には『神と共に 第二章:因と縁』『新感染 ファイナル・エクスプレス』『毒戦 BELIEVER』『The Witch/魔女』『アシュラ』を製作したスタッフが集結。

キム・テギョン撮影監督 、チャン・グニョン美術監督、ホ・ミョンヘン武術監督、特殊効果チームのデモリション、CGチームのウィジウィグスタジオなど、アクション映画というジャンルにおいて最高の実績を持つ製作陣が集結。

韓国映画史上初となる大規模なカーアクションを実現し、ダイナミックながらもリアリティ溢れる見どころを随所に挿入して完成度を高めた。本シーン以外にもパトカー、 水産物運搬トラック、レッカー車などを含め、撮影中に動員された車両はなんと合計200台以上となり、車そのものも映画の大きな見どころとなっている。

本シーン以外にも爽快なカーアクションも満載の痛快無比な本作を見逃さないでほしい。


 
 映画『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』

【キャスト】
コン・ヒョジン『ドアロック』
リュ・ジュンヨル『毒戦 BELIEVER』
チョ・ジョンソク『EXIT』
ヨム・ジョンア『完璧な他人』
チョン・ヘジン『名もなき野良犬の輪舞』
イ・ソンミン『工作 黒金星と呼ばれた男』
キム・キボム(KEY)
ソン・ソック「最高の離婚 ~Sweet Love~」

【スタッフ】
監督:ハン・ジュニ『コインロッカーの女』/撮影:キム・テギョン『毒戦 BELIEVER』
武術監督:ホ・ミョンヘン『新感染 ファイナル・エクスプレス』『神と共に 第二章:因と縁』/美術:チャン・グニョン『アシュラ』
2019年/韓国映画/韓国語/133分/シネマスコープ/5.1ch/字幕:仲村渠和香子/映倫区分G
原題:뺑반/英題:Hit-and-Run Squad/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
© 2019 SHOWBOX AND HODU&U PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
 
 
 
12月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー
 
韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI


 
スピード・スクワッド

 

 映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」関連記事を読む

 コン・ヒョジン関連商品を購入する
 コン・ヒョジン関連記事を読む
 コン・ヒョジン関連コラムを読む


 リュ・ジュンヨル関連商品を購入する
 リュ・ジュンヨル関連記事を読む
 リュ・ジュンヨル関連コラムを読む


チョ・ジョンソク関連商品を購入する
チョ・ジョンソク関連記事を読む
チョ・ジョンソク関連コラムを読む


 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.