[ 今注目のキーワード ]  ビューティーキャンペーン実施中! │  たまたま見つけた一日 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

映画「パラサイト」で肝っ玉母さんを演じたチャン・へジンのビフォーアフターに驚き!

2019/11/14 14:01  芸能

「パラサイト 半地下の家族」
「肝っ玉母さん」は元ハンマー投げメダリスト!?
ポン・ジュノ監督作で、実力派女優チャン・へジンが圧巻の存在感!
衝撃のビフォー&アフター! 妻チュンスに変貌する場面写真解禁


チャン・へジン,チャンへジン,ParkSeoJun,パラサイト,寄生虫


 
[韓国エンタメニュース]

 
今年のカンヌ国際映画祭で、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(2020年1月全国公開)。

全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像を遥かに超える展開へと加速していく物語は、既に韓国動員1,000万人突破フランス動員160万人突破、全米でもすでに今年の外国映画興行収入第一位になるなど、各国で動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせている

オスカー前哨戦といわれるトロントやニューヨークなど各国の映画祭で絶賛&受賞を重ね、第92回アカデミー賞🄬での受賞も有力視されている


イ・チャンドン監督作の常連女優。
ポン・ジュノ作品初出演にして大役を射止めた実力派女優チャン・へジン。


 
チャン・へジン,チャンへジン,ParkSeoJun,パラサイト,寄生虫


チャン・へジンは1975年生まれ韓国出身の女優。『クリスマスに雪が降れば』(98)でデビューし、20年以上のキャリアを誇るベテラン女優。
『シークレット・サンシャイン』(07)、『ポエトリー アグネスの詩』(10)など名匠イ・チャンドン監督作への出演でも知られ、2016年公開の『わたしたち』では、子供への愛情と家庭の問題の間で揺れる母親役を見事に演じ、確かな演技力が絶賛された実力派だ。


ポン・ジュノ監督とは初のタッグとなる『パラサイト 半地下の家族』で、名優ソン・ガンホが演じるギテクの妻チュンスク役に起用された。
ポン監督はキャスティングの決め手となったのは、「映画 『わたしたち』での、彼女の控えめな強さが気に入っていたので、ソン・ガンホの力強い妻の役に彼女を据えた」と語り、かねてから注目していたことを明かしている。


元ハンマー投げメダリスト!?
“半地下”の肝っ玉母さんを演じる衝撃のビフォーアフター


へジンが演じるのは、キム一家のギテク(ソン・ガンホ)の妻チュンスク。夫婦仲は良好だが、甲斐性なしの夫に強く当たるいわゆる「肝っ玉母さん」だ。実は元ハンマー投げのメダリストという驚きの経歴の持ち主。
何度も事業に失敗していながら、ヘラヘラしているギテク、大学受験に4度も失敗した長男はフリーター、長女も大学に行くことができない困窮状態で“半地下”に住んでいる。

 
チャン・へジン,チャンへジン,ParkSeoJun,パラサイト,寄生虫

 
今回解禁された場面写真では、片膝をつき持ち前の美脚を披露するチュンスクをとらえている。
髪を無造作にまとめ化粧気のない姿には、たくましく生きる「肝っ玉母さん」の貫禄が漂っており、カンヌ国際映画祭の授賞式でとらえられた本来彼女が持つ上品な雰囲気との大きなギャップも衝撃的だ。

そして注目して欲しいのは足だけではなく、彼女の手許だ。こちらを見つめながら、その手は内職の編み物を続けているのだ!ヘジンは本作について、「感情の玉手箱のような映画です。どこか滑稽な家族間の愛、オフビートなユーモア、スリルとサスペンス、そして悲しみがミックスされていて、一言で分類することができません。違った色と影が混在しています」と語っている。ヘジン自身が見せるこの変貌ぶりにも本作を楽しむヒントが隠されている!?


ひょんなことから長男ギウが豪邸のパク一家の家庭教師に就任、思わぬ幸運に喜ぶチュンスクらキム一家。
果たしてこれをきっかけに“半地下”の生活から抜け出すことができるのか?キム一家の「計画」にも注目していただきたい。

 

「パラサイト 半地下の家族」
出演: ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
監督:ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』)
撮影:ホン・ギョンピョ
音楽:チョン・ジェイル
提供:バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京、巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks
配給:ビターズ・エンド
2019 年/韓国/132 分/PG-12/2.35:1/
英題:PARASITE/原題:GISAENGCHUNG

www.parasite-mv.jp 
 
parasite,寄生虫,パラサイト
映画「パラサイト 半地下の 家族」OSTを購入する


 
2020年1月10日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!


韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI



 映画「パラサイト 半地下の家族」関連記事を読む
 映画「パラサイト 半地下の家族」関連商品をみる  


過去の韓国映画ボックスオフィスランキングを見る>>



KOARIスタッフおすすめ韓国映画&ドラマ特集コラムを見る>>

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.