[ 今注目のキーワード ]  チャン・グンソクカレンダー │  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

ソ・ガンジュン主演「WATCHER」、ハン・ソッキュとの強烈な出会い…ブラザーケミに期待高まる

2019/06/20 17:01  芸能

ソ・ガンジュン,ハン・ソッキュ,WATCHER
 

[韓国エンタメニュース]
 
 
ハン・ソッキュ、ソ・ガンジュンの特別な協力が期待を高めている。
 
現在韓国にて放送中の「ボイス3」後続として7月6日より放送スタート予定のOCN土日ドラマ「WATCHER」制作陣は19日、ハン・ソッキュとソ・ガンジュンの強烈な出会いのシーンを公開した。互いに違う色を持つ二人が織り成す絶妙なシナジーが張り詰めた緊張感を呼び起こしながら見る者を魅了している。
 
「WATCHER」は悲劇的事件に関連する三人の男女が警察の腐敗を暴く不正捜査チームとなり、権力の実体を明らかにする内部監察スリラーだ。警察を捕まえる警察“監察”という特殊な捜査官を素材に事件の裏に隠された人間の多面性を緻密に追う心理リスラーを描く。
 
ヒョンビン×パク・シネ主演「アルハンブラ宮殿の思い出」、チョ・スンウ×ペ・ドゥナ主演「秘密の森」のアン・ギルホ監督とチョン・ドヨン主演「グッドワイフ」のハン・サンウン作家が意気投合し、次元が異なる内部監察スリラーの誕生を期待させている中、完成度が高く斬新な作品でジャンル物(恋愛、家族など韓国ドラマの王道から外れたジャンル)の外枠を拡張してきたOCNが送り出す心理スリラーという点がドラマファンの心をさらに躍らせている。
 
事件の解決に集中する既存の捜査ドラマとは違って「WATCHER」はその裏に隠された真実を暴く心理スリラーであるだけに俳優たちの演技呼吸が何より重要だ。説明の要らない俳優ハン・ソッキュと破格の変身を予告したソ・ガンジュンの出会いに期待が集まる理由だ。
 
そんな中、公開された写真にはト・チグァン(ハン・ソッキュ)とキム・ヨングン(ソ・ガンジュン)の尋常でない出会いが盛り込まれている。思いがけない事件に巻き込まれたヨングンが調査室でチグァンと対面するシーン。最初から強烈に交差する目線が緊張感を呼び起こす。相手の心境を見抜く冷徹な不正捜査チーム長ト・チグァンと向き合いながらも視線をそらさない熱血派の巡査キム・ヨングンの覇気は興味深い対立を形成している。
 
続く写真には並んで座り、事件を検討する二人の姿が。ト・チグァンが冷たく理性的なら、鋭い眼光のキム・ヨングンは情熱的だ。雰囲気は違っても鋭さが似ている正反対のコンビプレーが早くも胸騒ぎを誘う。特にヨングンの肩に自然に手を置きながら何かを言っているチグァンの姿は、二人の関係性への好奇心を刺激するとともに、正反対だが同じ方向を見つめる二人の活躍に期待を加えている。
 
信じていた先輩の不正を目撃し、孤独な監視者の道を選んだチグァン。過去の悲劇的な事件と絡むヨングンと必然的に再会して過去を暴き現在を追跡する。避けられない運命に導かれ不正捜査チームとして集まった彼らが何を監視し、どんな真実を明らかにしていくのか、関心が高まる。
 
制作陣は「不正を目撃した警察ト・チグァンと殺人を目撃したキム・ヨングン。過去の事件と絡む彼らが不正捜査チームとして団結し、真実を追う過程がしびれる展開をみせる」とし「チグァンとヨングンの相反する魅力を最大化させるハン・ソッキュとソ・ガンジュンの“ブラザーケミ”が目を離すことの出来ないコンビプレーを作り出している」と期待を刺激した。
 
一方、「WATCHER」は韓国にて7月6日午後10時20分より放送スタート予定。
 
 
写真提供: OCN
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI



 ドラマ「WATCHER」関連記事を読む 
 

 ソ・ガンジュン関連商品を購入する
 ソ・ガンジュン関連記事を読む
 ソ・ガンジュン関連コラムを読む

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.