[ 今注目のキーワード ]  ビューティーキャンペーン実施中! │  たまたま見つけた一日 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

“国民のボーイフレンド“パク・ボゴム、繊細な感情の演技が共感を呼ぶ

2018/12/20 18:01  芸能

パク・ボゴム,ボーイフレンド,


[韓国エンタメニュース]
 
 
tvN水木ドラマ「ボーイフレンド」のパク・ボゴム(キム・ジニョク役)が、繊細な演技で視聴者の共感を呼んでいる。ディテールな表情と眼差しで彼の複雑な感情をお茶の間にそのまま伝えているからだ。
 
19日、韓国にて放送された「ボーイフレンド」第7話では、ソン・ヘギョ(チャ・スヒョン役)との関係が公開され試練を経験するパク・ボゴムの姿が描かれた。
 
退勤後、バス停にいた彼の前にチャン・スンジョ(チョン・ウソク役)が突然やって来た。硬くなった彼の表情には困惑した感情や様々な思いが表れていた。「その束草ハプニングのことです」と尋ねるウソクに彼は「一人の人が大きな心を表したのにハプニングではないでしょう」と答えた。断固ながらも落ち着いて対応する彼の姿からは緊張感が漂い、内面の複雑さがそのまま伝わるシーンだった。
 
続いて、パク・ソングン(チェ理事役)とのシーンでもパク・ボゴムの演技が目を引いた。チェ理事はジニョクに一方的な人事異動を命じ、脅迫と無視を一貫する態度を見せ、それに対しジニョクも冷ややかな態度を一貫した。しかしオフィスに残された彼の表情からは、現実の壁と向き合った複雑な感情がそのまま伝わってきた。
 
その後、ジニョクは考えを振り払うように漢江を走った。その時の重い表情と眼差しには、心配に浸る彼の感情が表れていた。複雑な心を抱いてソン・ヘギョの家に向かった彼だったが、まるで何事もないように明るく笑って見せ、見る者の心をさらに痛めた。
 
このように、同日の放送にてパク・ボゴムはジニョクの複雑な感情を繊細に演じ、視聴者の共感を呼び起こした。今後も彼が魅せる感情演技に期待が高まる。
 
一方、「ボーイフレンド」は韓国にて毎週水・木曜夜9時30分より放送中。
 
 
写真提供:tvN「ボーイフレンド」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 
 

 ドラマ「ボーイフレンド」関連記事を読む



 パク・ボゴム関連商品を購入する
 パク・ボゴム関連記事を読む
 パク・ボゴム関連コラムを読む
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.