[ 今注目のキーワード ]  チャン・グンソクカレンダー │  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

EXOディオ、「坊主頭、タップダンス…大変だったが楽しかった」

2018/11/12 16:01  芸能

スイングキッズ


[韓国エンタメニュース]
 

12日、ソウル・coexartium SMTOWN THEATREにて映画「スイングキッズ」制作報告会が行われ、カン・ヒョンチョル監督をはじめ、EXOディオ、パク・ヘス、オ・ジョンセが出席した。
 
「スイングキッズ」は1951年巨済(コジェ)捕虜収容所にて、ダンスに対する情熱で一つになった寄せ合わせのダンスチーム“スイングキッズ”の心躍る誕生ストーリーを描いた映画だ。チャ・テヒョン&パク・ボヨン主演映画「過速スキャンダル」、シム・ウンギョン主演「サニー 永遠の仲間たち」を手掛けたカン・ヒョンチョル監督の4年ぶり復帰作であると同時に、俳優としても大躍進中のEXOディオ、パク・ヘス、オ・ジョンセがキャスティングされたことでも注目を集めている。
 
同日、カン・ヒョンチョル監督は映画について「前作が終わって楽しいダンス映画をしたかった。皆が戦って憎んでいた時代にダンスで幸せになりたい人々の物語を描いた作品だ」と説明した。
 
主演のディオは役作りについて「坊主頭はキャラクターに当然必要なものだった。タップダンスを最も多く練習した」とし、「舞台で踊ってはきたが、タップダンスは全く違った。でも面白かった。撮影が終わっても足を踏み鳴らすほどだった」と明かした。さらに同日現場にてタップダンスを披露するシーンもあった。


ディオ
捕虜収容所のトラブルメーカー ロ・ギス役のEXOディオ


パク・ヘス
4ヶ国語を操るダンスチームの無許可通訳士ヤン・パンレ役のパク・ヘス


パク・ヘス


オ・ジョンセ
戦争で離ればなれになった妻を探すためダンスチームに合流するカン・ビョンサム役のオ・ジョンセ
 
 
一方、映画「スイングキッズ」は韓国にて12月19日より公開予定。
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


映画「スイングキッズ」関連ニュースを見る


 

ド・ギョンス(EXO/D.O.)関連ニュースはこちら

ド・ギョンス(EXO/D.O.)関連商品はこちら


 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.