[ 今注目のキーワード ]  ビューティーキャンペーン実施中! │  たまたま見つけた一日 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

「キム秘書」D-2、パク・ソジュン♥パク・ミニョンはハッピーエンドを迎えられるのか?

2018/07/25 16:01  芸能

パク・ソジュン,パク・ミニョン,キム秘書がなぜそうか?


[韓国エンタメニュース]
 
 
同時間帯水木ドラマ視聴率1位を記録し、王座を守っているtvN「キム秘書がなぜそうか?」(以下「キム秘書」)。最終回まで2回の放送を残した「キム秘書」最後の見どころをまとめた。
 

#1、パク・ソジュン♥パク・ミニョン、ハッピーエンドを迎えられるのか?
イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)とキム・ミソ(パク・ミニョン)がハッピーエンドを迎えることができるのか。第14話のエンディングにてヨンジュンはミソに「俺、キム・ミソの夫になる」とプロポーズをした。しかし、そのロマンチックな瞬間、ミソのベッドからミソの父親(チョ・ドクヒョン)が「2人の結婚に異議あり!」と叫び2人を驚かせた。意外な障害として登場したミソの父親の反対は2人のロマンスにいかなる影響を及ぼすのか、ヨンジュンとミソはどんな結末を迎えるのか、残る2話に関心が集まっている。
 

#2、罪悪感から抜け出したイ・テファン、本当の幸せを見つけられるのか?
イ・ソンヨン(イ・テファン)は24年前の誘拐事件の被害者が自身だったと固く信じてきたが、実際の被害者がヨンジュンだったことを知り、罪悪感に涙を流した。自らが最も不幸だと思い込み、ヨンジュンを責めながら生きてきたソンヨンがすべての記憶を取り戻した今、自分を愛し、真の幸せを見つけることができるのか、期待が高まっている。
 

#3、“軽率カップル”カン・ギヨン×ソ・ヒョリム、復縁?
ヨンジュン×ミソカップルの他にもパク・ユシクのロマンス、コ・グィナムと新入秘書キム・ジアのロマンス、自称ファム・ファタールポン・セラと秘書ヤン・チョルのロマンスなどが「キム秘書」に楽しみを加えてきた。特にヨンジュンの恋愛コーチとして活躍したパク・ユシク(カン・ギヨン)が元妻ソジン(ソ・ヒョリム)と復縁できるかに注目が集まっている。ユシクはヨンジュンとミソのキューピッドとして活躍したが、自身の恋愛ではミスを連発、悲しみを誘った。元妻ソジンを恋しがっているが特有の“軽率さ”で誤解を招いてしまった。その後も相変わらずソジンに対する愛しさを表現するウシクだが、果たして2人の復縁は実現するのだろうか。
 

#4、“隣人”ファン・チャンソン(2PM)×ピョ・イェジン、カップル誕生?
もう一つの“社内カップル”が誕生するかも見どころだ。会社の同僚であり、隣人のコ・グィナム(2PMチャンソン)とキム・ジア(ピョ・イェジン)がその主人公だ。これまでジアがグィナムに好感を持っていることが明らかになっている。また、第14話にてジアはグィナムが一張羅のスーツとお金を節約する理由が家族の為だという事実を知り、まっすぐなグィナムの姿にますます好感を高めた。それだけでなく、ジアの業務をさりげなく助けるグィナムの姿も公開され、こちらのカップルのロマンスにも関心が集まっている。
 

#5、傷を抱える人々のストーリー
「キム秘書」は、ヨンジュン、ミソ、ソンヨンが絡み合った24年前の誘拐事件を通じ、誰しもが持っている“傷”について描いてきた。傷を抱え、その傷をどのように癒していくのかを描いてきただけに、最後に残った2話でも傷を負った人々、過去にとらわれた人々がそこからどのように立ち直り、進んで行くかが描かれるだろう。
 

以上のようにヨンジュンとミソのロマンスから違った魅力を持つ他のカップルのロマンスまで、視聴者を楽しませてくれた「キム秘書がなぜそうか?」のラストはどのように飾られるだろうか。残りの2話に期待が高まる。
 
一方、「キム秘書がなぜそうか?」は、地上波を含む全チャンネル同時間帯の水木ドラマの視聴率1位を獲得し、大ヒットを記録している。第15話、16話(最終話)は韓国にて25日(水)、26日(木)放送予定。
 
 
写真提供:tvN「キム秘書がなぜそうか?」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI



「キム秘書がなぜそうか?」OSTほか関連商品はこちら


 

「キム秘書がなぜそうか?」関連ニュースはこちら


パク・ソジュン関連ニュースはこちら

パク・ソジュン関連商品はこちら

パク・ソジュン関連コラムはこちら


パク・ミニョン関連ニュースはこちら

パク・ミニョン関連商品はこちら

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.