[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

最終回まであと2回!「キム秘書」パク・ソジュン♥パク・ミニョンが選ぶベストシーンを公開!

2018/07/24 14:01  芸能

パク・ソジュン,パク・ミニョン,キム秘書がなぜそうか?


[韓国エンタメニュース]
 
 
韓国にて放送中のドラマ「キム秘書がなぜそうか?」が放送終了まで2回を残す中、制作側はパク・ソジュン、パク・ミニョン、カン・ギヨン、ファン・ボラが選んだ名シーンBEST6を公開した。
 
tvN「キム秘書がなぜそうか?」(以下「キム秘書」)は財力、ルックス、手腕まですべてを備えているが自己愛で凝り固まったナルシスト副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)と、彼を完璧に補佐してきた“秘書界のレジェンド”キム・ミソ(パク・ミニョン)の退社を巡る駆け引きロマンスだ。
 
「キム秘書」は俳優らの名演、キレのある台詞、ロマンティックコメディを引き立たせる演出などが視聴者から好評を得ており、放送日にはポータルサイトのリアルタイム検索ワードにランクインするなど話題性はもちろん、高視聴率までたたき出し、“キム秘書ブーム”を引き起こしている。そんな中、「キム秘書」に出演する俳優らがそれぞれ選んだ名シーンが発表され、注目を集めている。
 

#1、パク・ソジュン 第1話「”このイ・ヨンジュンが結婚してやろうじゃないか”ヨンジュンのサプライズプロポーズ」
パク・ソジュンが選んだ名シーンは第1話のエンディングにてヨンジュンがミソの退社を防ぐため、サプライズプロポーズをするシーンだ。「このイ・ヨンジュンが結婚してやろうじゃないか」という荒唐だがときめきに満ちたプロポーズは視聴者の心をときめかせた。初回から“ロコ(ロマンチックコメディ)職人”として魅力を発揮したパク・ソジュンは「ドラマの始まりと終わりを複合的に示すシーンだと思う」とし、「第1話のインパクトあるエンディングシーンがヨンジュンとミソのロマンスを最初から最後まで一貫して導いていく原動力だった」と明らかにした。

 
#2、パク・ミニョン 第5話「ミソ、キスの屈辱」&第10話「ミソ、記憶のパズル完成」
パク・ミニョンが選んだ名シーンは第5話エンディングにてミソが初キスの屈辱を味わったシーンだ。パク・ミニョンは「ロマンチックな瞬間にヨンジュンのトラウマによって初キスの思い出が滅茶苦茶になってしまったシーンが記憶が残る」とし、「ミソの喪失感、恥ずかしさ、怒りなどを表現するにおいて、いつもニコニコと笑っていたミソが初めて苦笑いを見せるところがすごく楽しかった」と話した。このようにパク・ミニョンは豊かな表情の演技を披露し、視聴者の笑いを誘った。
 
もう一つ、パク・ミニョンは第10話のエンディングにてミソが過去の記憶を思い出して倒れるシーンを選んだ。「マジックショーを観覧してこれまで忘れていた記憶のパズルのピースがはまったとき、ミソが衝撃と恐怖に包まれる様子が劇的に描かれ、完成度の高いシーンが誕生した」と満足そうに話した。
 

#3、カン・ギヨン 第8話「ミソのキスリード」&第12話「ユシクのキム・ソンギお見舞い通話」
ヨンジュンの恋愛カウンセラーを自ら要望するパク・ユシク役を演じたカン・ギヨンは第8話エンディングにてミソがトラウマを克服できずにキスをためらっていたヨンジュンをリードし、キスをしたシーンを選んだ。カン・ギヨンは「“愛は人を変えることができる”という、当然だが容易にできないことを見せてくれたシーンではないかと思う。僕にとっても、いつも忘れないようにしたい重要なメッセージでもある」とヨンジュン&ミソカップルを熱烈に応援する想いを示した。
 
また、カン・ギヨンは「キム秘書」第12話のうちユシクが元妻ソジン(ソ・ヒョリム)と通話している途中、「性器が痛くて病院に行く」と言葉を間違ってしまったシーンを選定。本当は肺がんになってしまった後輩キム・ソンギの見舞いに行く途中だったが、ソジンの誤解を招いてしまった発言はお茶の間を爆笑の渦に巻き込んだ。カン・ギヨンは「これほど感情が大きく揺れたシーンがあるだろうか。ユシクのキャラクターを更に固めることができたシーンではないかと思っている」と「キム秘書」の助演を全うしたことを伝えた。
 

#4、ファン・ボラ 第12話「“ヤン・ポンカップル”コーラ告白」
ヨンジュン&ミソカップルの他に“ヤン・ポンカップル”としてドラマに味を加えているファン・ボラ(ポン・セラ役)が選んだ名シーンは第12話にてポン・セラがヤン・チョル(カン・ホンソク)にコーラ告白を受けたシーンだ。ヤン・チョルに渡されたコーラを飲んでいたセラはコーラの瓶に書かれた“ポン課長、可愛いです。付き合ってくれますか”という文字を発見、互いの気持ちを確認した瞬間だった。ファン・ボラは「撮影も楽しく、結果物も本当に面白い物になったと思う。私たちのカップルだけの愉快な告白方法だと思ったし、セラもヤン秘書も可愛いらしかったので名シーンとして選んだ」と伝えた。
 

一方、「キム秘書がなぜそうか?」は地上波を含む全チャンネル同時間帯の水木ドラマ視聴率1位を獲得するなど、大ヒットを記録している。韓国にて毎週水木曜、夜9時30分より放送中。
 
 
写真提供:tvN
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI



「キム秘書がなぜそうか?」OSTほか関連商品はこちら


 

「キム秘書がなぜそうか?」関連ニュースはこちら


パク・ソジュン関連ニュースはこちら

パク・ソジュン関連商品はこちら

パク・ソジュン関連コラムはこちら


パク・ミニョン関連ニュースはこちら

パク・ミニョン関連商品はこちら

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.