[ 今注目のキーワード ]  2018日韓ぐるタメフェス │  JKS「Nelson Diary」 │  イ・スンギ │  パク・ソジュン │  TRCNG │  チョ・インソンFC10周年グッズ │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP   >  総合エンタメ

ヒョンビン「皆で力強くガッツポーズ」

26日、ソウル瑞草区良才エルタワーにて、アウトドアブランド「K2」のS/Sファッションショーが開催された。K2のモデルをつとめるヒョンビンがK2の社員達とフォトウォールでポーズを取っている。ヒョンビンはK2S/Sファッションショーのオープニングでキャンペーンのテーマである「人生は一度きりだから」対するスピーチをおこなった。

2013/02/26 17:42  芸能

キム・レウォン「仁寺洞スキャンダル」OST参加

最近1次予告編とポスターを公開し、2009年春、韓国映画界で熱いイシューを予告している「仁寺洞スキャンダル」。ここに加えて、天才復元師としてスクリーンに帰ってきたキム・レウォンがOSTに参加して話題になっている。今回「仁寺洞スキャンダル」でキム・レウォンが歌った曲はユン・ドヒョンバンドが歌った「今日は」。さっさと捨てて旅立とうという内容の歌は「仁寺洞スキャン…

2009/03/16 18:02  芸能

イ・ジョンジェ主演の「1724妓生置屋乱闘事件」制作報告会現場

6日午前、ソウル竜山区竜山CGVでイ・ジョンジェ主演の「1724妓生置屋乱闘事件」制作報告会が開かれた。主演俳優イ・ジョンジェが記者達の質問に答えている。

2008/11/06 13:00  芸能

ピ、「薬代さえあれば母を助けることができたのに…」

ワールドスター・ピが貧しかった時期、薬代が無くて母が亡くなったという切ないエピソードを話して目を赤くし、多くの人々の胸をうった。22日のMBC「黄金漁場-ヒザ打ち道士」に出演したピは、MCのカン・ホドンが「生きるのに一番の原動力は何だ」と聞くと躊躇無く「母」だと答えた。ピは「母が糖尿病でお金さえあれば助けることができた。父はお金稼ぎに海外へ行っていた」と話し…

2008/10/23 13:00  芸能

ペ・ヨンジュン、「文化勲章をいただけて嬉しいです」

18日午後、忠北清州の芸術の殿堂大公演場にて「2008文化の日」記念式が開かれた。ペ・ヨンジュンが文化勲章を受章している。

2008/10/18 14:00  芸能

愛国歌を歌うペ・ヨンジュン

文化体育観光部、韓国観光協会中央会、財団法人韓国訪問の年委員会は14日小公洞ロッテホテルにて第35回観光の日記念式と「2010-2012韓国訪問の年」宣布式を行い、式を前にペ・ヨンジュンが愛国歌を歌っている。ペ・ヨンジュンはこの日の行事で大韓民国観光広報適任者に委嘱され、外国人観光客1000万人誘致と韓国観光ブランド化の為に3年間引き受けた役目を果たす予定で…

2008/10/12 11:00  芸能

[PIFF]イ・ミンギ、「プレミア・スターサミット・アジア」参加

4日午後、釜山海雲台グランドホテルにて開かれた第13回釜山国際映画祭「プレミア・スター・サミット」に出席したイ・ミンギがインタビューをしている。この日のイベントにはイ・ミンギを含め、ムーン・ブラッドグッド、ソ・チョヌ、アーロン・ユー、ユジン、ジェイムス・カイスン・リー、イム・ヒレ、ポム・ジグィ、メルセデス・カブラル、アピーニャ・サクルジャロエンソク、上野樹里…

2008/10/08 15:00  芸能

イ・ミンギ、映画「おいしいマン」観客とのトーク

4日午後、釜山海雲台プリムスにて映画「おいしいマン」に出演した俳優イ・ミンギが観客とのトーク(GV)タイムを行った。映画「ハーブ」を作ったキム・ジョンジュン監督が演出した映画「おいしいマン」は、歌手キムCがシナリオの原案を担当し、映画「ジョゼと虎と魚たち」の主人公池脇千鶴がキャスティングされ観客から高い関心を集めたこともある。

2008/10/08 12:00  芸能

イ・ミンギ-ユン・ジンソ、「釜山映画祭やって来ました」

3日午後、釜山海雲台の海辺で行われた第13回釜山国際映画祭のスター・ロード・レッドカーペットで俳優イ・ミンギ-ユン・ジンソがポーズを取っている。

2008/10/04 11:01  芸能

チャン・ドンゴン、レッドカーペット登場

10月2日午後、釜山スヨンマンヨット競技場にて第13回釜山国際映画祭開幕式が開かれた。俳優チャン・ドンゴンがレッドカーペットを歩いて来ている。

2008/10/03 00:00  芸能

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.