[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

ユ・スンホ主演韓国ドラマ「ボクスが帰ってきた」

2018/12/11 10:53  ピックアップ

KOARI Drama Pick Up


「ボクスが帰ってきた(복수가 돌아왔다)(原題)」


ボクスが帰ってきた,韓国ドラマ,韓ドラ,ユ・スンホ,チョ・ボア,


<<「ボクスが帰ってきた」あらすじ>>
 
ここにあなたの望みを聞いてくれる男、
他人の人生を代わりに生きてくれる男、カン・ボクスがいる。
代わりに結婚式もして、代わりに決別もして、
代わりに使い走りもしてくれるこの男。
だが、いざ自分の人生となると、幸せだった学生時代から
追い出された時のままで止まっている。
 
今ならわかることをあの時もわかっていたなら、
別の生き方ができただろうに!
町の小さなヒーローだった学生時代、
自分をめちゃくちゃにした元カノが先生に、
また友達だと思っていた仇が理事長になっている学校へ入り、
復讐してやる!すべてぶち壊してやる!と意気込むのだが…
「お前に復讐する!」と書いて、
「まだ愛してるんだ」と読む。

 
当初の目的はどこへやら、
不遇な若者たちは代わりに生きてやらなければいけないことだらけだし、
初恋の人には復讐してやらなければならないしで、
手の施しようがないほど複雑に絡み合った人生のジェットコースターに乗ってしまったカン・ボクス!
 
大学入学行きのチケット発行株式会社のような
別世界の学校に入った、かつての成績最下位、ボクスは、
幸せだった学生時代を取り戻すことができるのか?
 
学校のことを考えるだけで胃が痛くなる、
そんなあなたの胸のつかえをスッキリと押し流してくれるヒーリングサイダー学園ロマンス!
学園ものの皮をかぶった、小さなヒーローの大叙事詩!
 
「ボクスが帰ってきた」!


* * * * * 
校内暴力の加害者の濡れ衣を着せられ、不当に退学させられたカン・ボクス。
大人になって学校に戻った彼は復讐を計画するが、復讐どころか、またしても事件に巻き込まれたり、恋をしたりして…。
ヘンテコだけどどこかほっこりさせてくれる、センシティブ・ロマンス。

 
「ボクスが帰ってきた」

ボクスが帰ってきた,韓国ドラマ,韓ドラ,ユ・スンホ,チョ・ボア,

放送開始:2018月12月10日(月)~
SBS月火 午後10時~
公式HP:https://programs.sbs.co.kr/drama/mystrangehero
 


「ボクスが帰ってきた」関連記事を読む

 
 
<<「ボクスが帰ってきた」登場人物紹介>>
 
カン・ボクス(ユ・スンホ)
愉快痛快の学年最下位ヒーロー

ボクスが帰ってきた,韓国ドラマ,韓ドラ,ユ・スンホ,


「お前にとって目障りな存在になってやるよ!」
 
町の中華料理店の息子。幼いころからその類まれな顔立ちで名を馳せていた。イケメンでケンカが強くて心根の優しいカン・ボクスは、かつてソルソン高校の小さなヒーローだった。
校門をくぐるだけで熱狂する女子たちの視線は当たり前、面倒見の良さは太平洋級でケンカというケンカに介入しては解決する役回りを進んで行った。
夢も勉強できる頭も金持ちでもなかったが、それがどうした。毎日給食を食べて、友人たちとふざけているだけでも幸せな学生だった。ある日突然校内暴力の加害者の濡れ衣を着せられ、自主退学という名の強制退学をさせられるまでは…。
 
何もわからないままボクスは学校を追い出され、その後再び戻ることはできなかった。
大人になったボクスは変わらずイケメンでケンカが強かったが、道徳性を失っていた。人と犬が苦境に立たされていたら、犬は助けても人は助けないほど、人に対して無関心になった。冷酷な都会の男となり、「あなたの望み」を叶える代わりに金を受け取って生きている。
もうお人好しなことはネバー、絶対にしないと、川で溺れている人を見ても金にならないことはするまいと、思ったのに…のに…、結局助けてしまったのが間違いだった。よりによって助けた人が、恨んでも恨みきれない、憎らしい初恋の人スジョンとは誰が思おうか!
 
ボクスが思い描いていた再会は、ひとまず涙ながらに懺悔するスジョンの姿から始まるものだったが、当のスジョンは悪びれもなく感謝の心もない。命の恩人で元カレの自分にその態度はなんだと咎めると、あろうことか付き合った覚えはないと言ってのける。

おいおい、あんなに笑って、おぶってあげて、俺から唇まで奪っておいて、知らんぷりする気か?

こんなシナリオはボクスの予想に反した。かつての友人セホとスジョンが自分をほったらかしにしてひそひそ話をするとは予想だにしなかった。

お前らの思いどおりになると思うなよ?
 
ボクスは、奪われた自分の人生をもう一度やりなおすことにした。
追い出された学校に再び入り、スジョンとセホに復讐しようとする。
ところが、学校はボクスが知っている学校ではなかった。

ここは何だ?これが学校か?
友達と、先生と、思い出と、ロマンのあった学校が、何でこんなことに?


きれいにしまっておいたボクスの世話焼き根性が、顔をのぞかせはじめる…。
 
もう「遊び場」ではなくなった学校で、不幸が染みついた子どもたちの中で、ただの年上の学年最下位復学生というだけのカン・ボクスは、何を成し遂げることができるのか?
落ちぶれた小さなヒーローの叙事詩は、失った初恋の物語は、ハッピーエンドとなるのか?
 
ヘンテコな学校に幸せを取り戻すため、ボクスが帰ってきた!
 
 

 ユ・スンホ関連商品を購入する
 ユ・スンホ関連記事を読む


 
ソン・スジョン(チョ・ボア)
幸は薄いが、口では誰にも負けない高校教師

ボクスが帰ってきた,韓国ドラマ,韓ドラ,チョ・ボア,
 
「隠された私の汚い性格、全部見せてあげるわ」
 
幼いころから誰の力を借りなくても一人でできないことはなく、誰かに助けてと言えるような性格でもなく、かよわい外見からは想像もつかないほど男顔負けの腕っぷしを誇った。

口も達者なら力も強い、ソン・スジョン。
しかし人生はそう易々とうまくいかない。徹夜で暗記すれば詰め込み教育下の試験の点数はいいが応用力がなく、繰り返し教員採用試験に失敗して廃人状態になった。しかし、そんなスジョンにも、学年1位を逃したことのなかった高校時代の黄金期があった。制服さえ着れば貧しさにも気付かれず、美人で優等生で頭のいい委員長として3年間過ごした。自分をイライラさせる学年最下位のカン・ボクスに出会う前までは。
 
スジョンは、我慢の限界に達し怒り爆発してはボクスを口で言い負かす自分に快感を覚えるようになった。
そして、ボクスのことを考えると笑みがこぼれるようになった。
「冷え切った私の心を動かす君の笑顔 閉ざされた私の暗い心すべて君に開くよ 愚かな私に意味をくれた君の愛」
という歌詞のフレーズをすべて経験した。あの事があるまでは。
 
ソルソン高校の講師となったスジョンは、相変わらず生きるために必死だ。
「とりあえず教え方最高」
「先生に叱られると嬉しい。もっと言ってほしい」
生徒たちの教師評価でそんなほめ言葉を見た時が、唯一笑顔になる瞬間。
家賃、生活費、教員採用試験、女手ひとつで育ててくれた母親の病院代…生きるか死ぬかの問題の前では悩みなど贅沢なこと。
ボクスまで現れてくれなくても、スジョンの毎日は十分忙しなかった。
 
なのに、なぜまたボクスなのか。なぜまた。
けれどボクスと過ごす学校生活は、スジョンをしばしば全盛期時代へと呼び戻す。
安定した私学年金と有給の長期休みに惹かれて先生になったと思っていたが、「ソン・スジョン先生」と呼んでくれたボクスがきっかけで先生を夢見たことを思い出す。
スジョンに唯一笑いかけてくれた子たちが苦しんでいると、まるでスジョンのことを助けるかのようにその子たちを助けてくれるボクスを、スジョンはお節介焼きとけなすが、心が揺れ動いた。

世の中のせちがらさを身にしみて知っていて、言葉で相手をひれ伏させることに関しては天下一品。
けれど現実を前にすると途端に弱気になるソン・スジョンをとっぱらうため、ボクスが帰ってきた!
 
 

 チョ・ボア関連商品を購入する
 チョ・ボア関連記事を読む

 



ユ・スンホが久しぶりに学園ものに出演です!
兵役から戻ってきてからは、大人の男という感じの役柄が多かったスンホ君。
「今さら制服姿!?」とさすがに少し驚きましたが、よく見たらまだ25歳(!)だったんですね…。
(子役時代からスターなので、まだそんな歳かという驚き。)
 
子役時代に出ていた学園ものでは、スンホ君は一見クールでニヒルだけど実は優しい(?)一匹狼キャラでしたが、今回は真逆の情に厚い熱血リーダーキャラ。
そして、退学によって一転して冷血な男に変わってしまうとのことなので、スンホ君の色んな演技の幅や成長を見られるかもしれませんね!
(映画「おばあちゃんの家」のやんちゃ坊主のイメージがいまだ抜け切らず、どうしても親戚のおばちゃん目線になってしまいます…笑)

 

「ボクスが帰ってきた」関連記事を読む
 
 
(写真出処:SBS「ボクスが帰ってきた」公式サイト)

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.