[ 今注目のキーワード ]  チャン・グンソクカレンダー │  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

コアリスタッフのおすすめ韓国ドラマ2018 「花郎<ファラン>」

2018/01/26 18:00  ピックアップ




[韓国エンタメコラム]


こんにちは~
今週は日本でも雪が降ったり本当に寒いですね><
こんな寒い日は家にこもってドラマ鑑賞に限る!!
ってことで先週ご紹介した「あなたが眠っている間に」に引き続いて、今回はこちらをおススメしたいと思います!!



花郎<ファラン>
화랑


花郎


【韓国放送】KBS2TV 全20話  2016.12.19~2017.2.21


【ストーリー・あらすじ】
今から1500年前の新羅時代。賤民の村で暮らすムミョン(パク・ソジュン)は、生き別れた家族を捜したいという親友のマンムン(イ・グァンス)と共に都に潜入する。ところが、二人は禁軍に追われて深手を負い、マンムンは命を落とす。ムミョンはマンムンの本名“ソヌ”を名乗り、彼の妹であるアロ(コ・アラ)を守るために生きようと決意する。
一方、新羅第24代王の真興(チヌン)王(パク・ヒョンシク)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で世間に顔を明かすことなく生きている。不眠に悩む真興王は、街で語り部のアロの話を聞いているうちに眠りに誘われ、彼女に興味を抱くようになる。そんな中、只召太后は見目麗しい貴公子を集めて王の親衛隊“花郎(ファラン)”を創成すると宣言。ムミョンことソヌは親友の命を奪った者への復讐心から、真興王は母から王権を奪還すべくジディという偽名で花郎になる。それぞれの目的を果たすために花郎となったソヌとジディはぶつかり合いながらも絆を深め、成長していくが…。(ポニーキャニオン 「花郎<ファラン>」サイトより引用)


【出演】
パク・ソジュン、コ・アラ、パク・ヒョンシク、ミンホ(SHINee)、ド・ジハン、キム・テヒョン(防弾少年団 V)、チョ・ユヌ ほか
 
 
【おススメポイント】
ちょうど一年前ほどに韓国にて放送された「花郎<ファラン>」。
パク・ソジュンパク・ヒョンシクSHINeeミンホ防弾少年団のVなど、今をトキメくイケメンたちが総出演!!!!ということで、韓国でもかなり注目されていました。
イケメンたちに愛され揺れ動く主人公、という韓国ドラマあるあるの展開かと思いきや…!
類に漏れず本当にそんな展開になります(笑)
でも、皆さんこういうの嫌いじゃないですよね???(私は大好きです)
わかっていながらも何度見てもステキでトキめいてしまいます


花郎

花郎
→パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、Vも参加した
「花郎」OSTはこちら



本作では、パク・ソジュンパク・ヒョンシクがコ・アラをめぐってバチバチと火花を散らすのですが、とにかくこの二人のステキさが過ぎるんです。


花郎


ちょっと荒々しいけれどしっかり守ってくれる男らしい兄貴系ツンデレパク・ソジュンと、王であることを隠しながらも、隠しきれない高貴さとオーラをもってそばで優しく見守る王子系ツンデレパク・ヒョンシク。ちょっと種類の違う二人のツンデレ男子が一人の女性を想い、守り、そして争う・・・(遠い目)
二人が親友というところもこれまた胸熱ポイントでもあります。
私の中で、韓国ドラマあるあるの“私だったらどちらの男性を選ぶか”というのを最後の最後まで決めきれなかった数少ないドラマです(笑)


パク・ソジュン,パク・ヒョンシク
→パク・ソジュン関連コラムはこちら
→パク・ヒョンシク関連コラムはこちら


また、そんな二人の仲間である花郎役のSHINeeミンホや防弾少年団Vなどもとっても良いキャラクターとして活躍。ドラマのサブストーリーとしてしっかり脇を固めてくれており、こちらも注目です^^


チェ・ミンホ,キム・テヒョン,
→SHINee関連商品はこちら
→防弾少年団関連商品はこちら


イケメン花郎たちの華麗なアクションや友情、そしてラブストーリーにドキドキしながらも、それぞれが抱える葛藤や問題に孤軍奮闘する姿に時には涙…
まさに見どころ満載で本当におススメです♪



→フォトブックや小説、DVDなど
「花郎(ファラン)」関連商品はこちら



写真出処:KBS「花郎」公式HP

(文:mari)
 


これからも不定期におすすめ作品を紹介していきたいと思います^^
またお会いしましょう~

バナー
KOARIスタッフおすすめ
映画&ドラマ特集はこちら♪

 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.