[ 今注目のキーワード ]  チャン・グンソクカレンダー │  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

大人気韓国俳優パク・ヒョンシクの魅力をチェック!!

2017/06/19 13:13  ピックアップ

アンニョンハセヨ!
気が付けばもう6月…早くも2017年が半分終わろうとしていますね。
「2017年は仕事でもプライベートでも実りのある一年にするぞ!」と意気込んでいたコアリスタッフですが、この半年を振り返ってみると仕事に追われていたこと以外には何も思いつかないという…(涙)。
 
あ…私のグチなんかどうでもいいですよね。
個人的には何もなかった上半期でしたが、韓国ドラマ界には沢山のヒットドラマが誕生し、私達のハートをドキドキさせてくれるスター達が登場しています。
 
 
その中の一人がパク・ヒョンシク

 

(※2017年8月29日に行われたパク・ヒョンシクファンミーティングのビハインドレポはこちら)

(※パク・ヒョンシクの魅力を徹底探求!ドラマ「スーツ」制作発表会ビハインドレポはこちら)

(※その他パク・ヒョンシク関連コラムはこちら)
2018.05月更新



JTBCチャンネルのドラマ部門最高視聴率を更新したドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」でのツンデレキャラのゲーム会社CEO アン・ミンヒョク役で大人気となり、これからの大ブレイクが期待される人物です。
 
 
そんなパク・ヒョンシクの魅力を解剖する前に、まずは基本的なプロフィールから紹介していきましょう~♪




パク・ヒョンシク(박형식)
 
生年月日: 1991年11月16日
身長:185cm
体重:64kg
血液型:AB型
所属事務所:UAA(United Artist Agency)
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/phs1116/
デビュー:2010年シングル「Nativity」(ZE:A) 
 
【ドラマ】
SBS「愛の贈りもの~My Blessed Mom~」(2012)
KBS「シリウス」(2013)
tvN「ナイン~9回の時間旅行~」(2013)
SBS「相続者たち」(2013)
KBS「家族なのにどうして~ぼくらの恋日記~」(2014~2015)
SBS「上流社会」(2015)
KBS「花郎(ファラン)」(2016~2017)
tvN「力の強い女 ト・ボンスン」(2017)
 
【音楽】
ドラマ「上流社会」OST(2015)
ドラマ「花郎」OST(2017)
ドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」(2017)
※その他ZE:A メンバーとしてアルバムを発売(2010~2016)

 受賞履歴】
2013年 MBC放送芸能大賞 ショーバラエティ部門 男子新人賞
2014年 KBS演技大賞 ベストカップル賞、男子新人演技賞
2015年 SBS演技大賞 ニュースター賞、ミニシリーズ部門 男子優秀演技賞
 
【バラエティ】
MBC「本物の男」(2013~2014)
SBS「ジャングルの法則」(2015)
 
【ミュージカル】
「オオカミの誘惑」(2011)
「光化門恋歌」(2013)
「BONNIE&CLYDE」(2013、2014)
「三銃士」(2013、2014、2016)
 
パク・ヒョンシク関連ニュースはこちら

パク・ヒョンシク関連商品はこちら

 

 
ではでは、ここからはキーワードにそってパク・ヒョンシクについてもう少し掘り下げてチェックしていきましょう~!


#演技ドル
2010年にボーイズグループZE:Aのメンバーとしてデビューしアイドル活動を続けていたパク・ヒョンシク。そんな彼は2012年、MBCのドラマ「愛の贈りもの~My Blessed Mom~」で演技デビューし、2013年にtvNで放送された当時マニアックなファンを集めたドラマ「ナイン~9回の時間旅行~」でイ・ジヌク演じる主人公パク・ソヌの少年時代を好演。そこから“俳優 パク・ヒョンシク”としての活躍が本格的にスタートしました。



ドラマ「ナイン~9回の時間旅行~」
 

ナイン
→パク・ヒョンシクの俳優デビュー作!
「ナイン~9回の時間旅行~」シンプルDVD BOX




「ナイン」で俳優としての可能性を見せた後、2014年には最高視聴率44.4%を記録して国民ドラマとなったKBS「家族なのにどうして」に出演。
老舗豆腐屋を営むチャ・スンボン(ユ・ドングン)の末息子で、問題を起こしてばかりだが根は真面目で憎めないチャ・ダルボン役で演技派俳優達の中でも遜色ない演技力を見せたパク・ヒョンシクは、この年のKBS演技大賞の新人賞とベストカップル賞を受賞、俳優として更なる成長を見せたのでした。
こうして徐々に俳優としてのキャリアを積みながら、ZE:Aのメンバーではイム・シワンと並ぶ“演技ドル”として注目を集め始めました。
 


ドラマ「家族なのにどうして」
 
 
家族なのにどうして
→パク・ヒョンシク&ソ・ガンジュンのブロマンスも注目!
「家族なのにどうして」DVD BOX





#赤ちゃん兵士
前述のドラマと共に、パク・ヒョンシクの名を韓国のお茶の間に広めたきっかけは、2013年放送のMBCのバラエティ番組「本物の男」だといえるでしょう。
韓国男児ならば誰もが避けて通れない「軍隊」を素材とし人気を集めたこの番組は、芸能人達が本物の軍隊に入隊し過酷な訓練を経験するというもので、メンバーとして合流した当時、21歳だったパク・ヒョンシクはメンバーの中の末っ子として大活躍しました。
 


MBC「本物の男」
 
まだ実際に兵役を経験したこともなく、このような訓練を受けたこともなかった為、最初は失敗続きですが、それでも弱音を吐かず何事も一生懸命やろうとする姿が母性本能を刺激し「赤ちゃん兵士」というニックネームが誕生しました。
また、軍隊で出される食事を誰よりも喜び、美味しそうに食べる姿が可愛らしく、好感度スターの仲間入りとなったのでした。



「本物の男」放送キャプチャ
 

 
#財閥キャラ
パク・ヒョンシクのことを検索すると「父親」「財閥」という関連ワードが出て来たりします。
これは、ZE:Aで一緒に活動していたグァンヒがトーク番組の中で、パク・ヒョンシクの父親が某外車メーカーの重役であることを暴露したことにより「パク・ヒョンシクは財閥の御曹司?」と注目を集めたからなのですが、後日出演した番組で本人自ら「父親が外車メーカーの社長だという噂が流れているが、実際の役職は理事で、財力家というほどではない」と否定しました。
 
それでも「(裕福に育ったから) 焦ったりもしないし、欲がないから他のメンバーの人気を気にしたりしないし、ケンカをするところも見たことがない」とグァンヒが表現していたように、どことなく漂う余裕からブルジョアらしさがあったパク・ヒョンシクは2015年に出演したSBSドラマ「上流社会」では、財閥グループの御曹司 ユ・チャンス役に抜擢されます。
 
子供の頃から何不自由なく育って来たチャンスは、一見遊び人のようでありながらも自分の人生に対して虚しさを抱きながら生きて来たキャラクター。そんなチャンスが貧しくても明るく生きているジイ(イム・ジヨン)と出会い少しずつ変わっていく様子をうまく表現したパク・ヒョンシク。
この年のSBS演技大賞で「ニュースター賞」と「ミニシリーズ部門 男子優秀演技賞」の二冠を獲得しました。



SBS「上流社会」



上流社会
→「上流社会」DVD BOX

 


それだけではなく2013年のSBS「相続者たち」でもブルジョア家庭の高校生 チョ・ミョンスを、2016年のKBS「花郎(ファラン)」でも王であることを隠して生きなければならない“顔のない王”サムメクジョンを、そして2017年のtvN「力の強い女 ト・ボンスン」でCEO アン・ミンヒョクを演じる等、ブルジョアキャラを多数演じているのは、パク・ヒョンシクが持っている雰囲気があるかもしれませんね。


ファラン
→パク・ヒョンシクを始め「花郎(ファラン)」の魅力満載!
フォトブックはこちら


(ドラマ「花郎(ファラン)」に関してはこちらのコラムもご覧ください♪)




スラリとした長身でタキシードを着こなす姿はまさに御曹司のよう
 


 
#マルチタレント
プロフィールをご覧いただいてもおわかりいただけるように、ジャンルを問わず多方面での活躍を見せているパク・ヒョンシク。
アイドルグループのメンバーとしてデビューしているので歌とダンスは言うまでもなく、ドラマでは俳優としての頭角を現し、演技力と歌唱力を生かしてミュージカルの舞台で観客を魅了
そして、バラエティでの素直で明るいキャラクターでお茶の間の人気者となり、冒頭で述べた「力の強い女 ト・ボンスン」で更には広告業界でも株価急上昇となった現在、多数のCFにも出演中
今後の更なる活躍が期待されるマルチタレントの一人といえるでしょう!



ウリ銀行 CF
 
 
 
そんなパク・ヒョンシクですが、現在DATVにて主演ドラマ「花郎(ファラン)」が放送中!
そして6月30日からは衛星劇場にてこれまた主演ドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」の放送がスタートと、夏までパク・ヒョンシク主演ドラマの放送が続々と予定されています。
それだけに日本でもより一層熱いヒョンシクブームが訪れるのも時間の問題かもしれませんね♪
 

ト・ボンスン
→パク・ヒョンシクが直接歌う「その人が君だから」収録!
「力の強い女 ト・ボンスン」OSTはこちら




2015年に10月に日本で初となるソロファンミーティングを開催したパク・ヒョンシク。当時も歌にトークにと多彩な魅力を見せてくれた彼ですが、今年の7月には韓国でもファンミーティングが予定!


そしてなななななんんと!!!!!!!


来る8月に日本での単独ファンミーティングが決定!!!



パク・ヒョンシク
2017 PARK HYUN SIK FANMEETING In Japan
夏の日、僕らの一歩
2017年8月29日(火) 東京・中野ゼロ大ホール

詳しくはこちら


(※2017年8月29日に行われたパク・ヒョンシクファンミーティングのビハインドレポ&関連コラムはこちら)
2018.05月更新


魅力たっぷりのパク・ヒョンシクをぜひその目で確かめてみてはいかがでしょうか???


パク・ヒョンシク関連コラムはこちら

パク・ヒョンシク関連ニュースはこちら

パク・ヒョンシク関連商品はこちら

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.