[ 今注目のキーワード ]  パク・ソジュン主演「梨泰院クラス」 │  キム・ナムギル×ハ・ジョンウ │  パラサイト 半地下の家族 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

KOARI 5月アンケート「第52回百想芸術大賞 みんなで大予想!!」

2016/05/13 10:17  色々コラム


映画、ドラマ、バラエティ番組等、テレビ部門と映画部門を併せた韓国唯一の授賞式である「百想芸術大賞」が今年も6月3日(金)にソウル 慶熙大学 平和の殿堂にて開催されます。

そこで今月のアンケートのテーマはこちら!


「第52回 百想芸術大賞 みんなで大予想!!」
 

今年の百想芸術大賞のノミネートが発表される中、今年は誰が受賞するか一緒に予想してみましょう~!

ノミネート部門は多数となる為、今回はドラマと映画部門の中から4部門に限定してアンケートを行いたいと思います。
 
「ドラマ部門 男性最優秀演技賞」
「ドラマ部門 男性新人演技賞」
「映画部門 男性最優秀演技賞」
「映画部門 男性新人演技賞」

 
この4部門で受賞しそうな俳優を予想してください!

アンケートご参加はこちらから 
期間:2016/5/13(金)~2016/5/23(月)


各部門のノミネートはこちら~! 
 


【ドラマ部門 男性最優秀演技賞 ノミネート】

イメージ出処:百想芸術大賞サイト
 
画像左上から順に
ナムグン・ミン (SBS「リメンバー~記憶の彼方へ~」)
ソン・ジュンギ (KBS「太陽の末裔」)
ユ・アイン (SBS「六龍が飛ぶ」)
チョ・ジヌン (tvN「シグナル」)
チュウォン (SBS「ヨンパリ」)


話題のドラマが多く誕生した2015年~2016年。
その中でも圧倒的な人気はやはり「太陽の末裔」のソン・ジュンギ。
しかし、安定の演技力を見せるユ・アイン、チュウォンや、印象的なキャラクターを演じたチョン・ジヌン、ナムグン・ミンもかなり強力な候補です。
 

【ドラマ部門 男性新人演技賞 ノミネート】

イメージ出処:百想芸術大賞サイト

画像左上から順に 
リュ・ジュニョル (tvN「応答せよ1988」)
ピョン・ヨハン (SBS「六龍が飛ぶ」)
アン・ジェホン (tvN「応答せよ1988」)
ユク・ソンジェ (KBS「恋するジェネレーション:Who are you-学校2015」)
イ・ドンフィ (tvN「応答せよ1988」)


「応答せよ1988」の人気を立証するかのように、リュ・ジュニョル、アン・ジェホン、イ・ドンフィという「応答せよ1988」の出演者が3人もノミネートされました。
地上波ドラマで印象的な演技を見せたピョン・ヨハンとユク・ソンジェの存在もあなどれません。


 
【映画部門 男性最優秀演技賞 ノミネート】

イメージ出処:百想芸術大賞サイト

画像左上から順に 
ペク・ユンシク (「内部者たち」)
ソン・ガンホ (「思悼」)
ユ・アイン (「思悼」)
イ・ビョンホン (「内部者たち」)
ファン・ジョンミン (「ベテラン」)


”THE 演技派俳優”といった面々が揃った映画部門の最優秀演技賞のノミネート。
「内部者たち」と「思悼」からそれぞれ2人ずつ選ばれているというのも注目です。
ベテラン俳優が並ぶ中、唯一若手であるユ・アインですが「ベテラン」での演技も印象深かっただけに、受賞の可能性も高いかも?!
 

【映画部門 男性新人演技賞 ノミネート】

イメージ出処:百想芸術大賞サイト

画像左上から順に 
コ・ギョンピョ (「チャイナタウン」)
パク・ボゴム (「チャイナタウン」)
パク・ソジュン (「悪のクロニクル」)
パク・ジョンミン (「ドンジュ」)
テ・インホ (「ヨンド」)


パク・ソジュン、パク・ボゴム等、ドラマでは既に大活躍中の俳優達が映画部門の新人賞候補に名を連ねました。
コ・ギョンピョ、パク・ボゴムという「応答せよ1988」コンビは映画部門でのノミネート。
また、作品性で高い評価を受けた「ドンジュ」のパク・ジョンミン、「ヨンド」のテ・インホといった演技派俳優の名も。



上記4部門でそれぞれ受賞すると思う人に投票してください。

アンケート期間中、ご参加いただいた方の中から抽選で3名様に「第51回百想芸術大賞 授賞式DVD」(非売品)をプレゼント!

第51回 百想芸術大賞DVD

アンケートはこちらから
 
投票結果は、6月初旬頃に授賞式の結果と共にコラムにて紹介させていただく予定です。


沢山のご参加お待ちしています!



[関連記事]
百想芸術大賞 関連記事
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.