[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

ToppDogg コアリ単独インタビュー!

2015/11/24 18:44  ピックアップ



2013年10月に韓国でデビューを果たし、まもなくデビュー2周年を迎えるヒップホップグループToppDogg!以前コアリで単独インタビュー&大特集を行いましたが、(詳しくはこちら!)10月にはミニアルバム「THE BEAT」で約1年ぶりのカムバックを果たし、2016年1月に来日公演が決定!

そんな彼らにコアリが単独インタビューを行いました~!!


インタビューの前に、簡単なプロフィールのご紹介から^^!
 

ToppDogg(トップドッグ)

韓国ヒップホップ界の先駆者・チョPDプロデュースの元、2013年10月にミニアルバム「Dogg's out」でデビュー。「ToppDogg」とは「最高の、またはWINNER(勝利者)」を意味する。
ToppDoggは、ラップ・ボーカル・ダンスはもちろん作詞・作曲・編曲・振り付けまで、それぞれの分野で抜群の実力を持つメンバーで構成され、作品の始まりから終わりまで自分たちの手で独自生産できるグループ
またメンバーたちの多彩な才能・個々の優れた実力で、ヒップホップだけでなく様々なジャンルの音楽やパフォーマンスが可能であり、より大きなシナジー効果を生み出すことが出来る、次世代のヒップホップアイドルグループ

ToppDogg - THE BEAT MV


 



ということで、まさに注目のグループToppDogg!そんな彼らの単独インタビューに早速参りましょう~^^!



Q. 今回のアルバム・タイトル曲のコンセプトを聞かせてください

P-goon:(今回のアルバムは)90年代の自由の代名詞である“ヒッピー”を僕たちのカラーに合わせ、“自由を追求しよう”という全体的なコンセプトがあります。またタイトル曲「THE BEAT」は、現代の時代を生きる若者に向けて“ワクワクするような人生を生きよう”という希望のあるメッセージが込められた楽曲です。
フックの部分に中毒性があるので皆さんも一緒に歌いやすくなっていると思います。

SangDo:もう少し具体的に言うと、例えば現実的な問題のせいで一度は諦めてしまった夢があるのなら、今躊躇うことなく突き進め!というような思いが込められています。



P-goon



SangDo



 


Q. 今回三度目となる日本公演ですが、気持ちはいかがですか?

A-Tom:日本は行く度にワクワクしますし、公演できること自体すごくドキドキしています。また今回はアルバムも発売して久しぶりに行くことが出来るので、楽しみ…と言えば良いかな?とにかくすごくうれしいです!



A-Tom



 


Q. 前回の来日時に最も記憶に残っていることは?

HoJoon:日本にいる時はいつもマネージャーに“早くしろ早くしろ”と急かされて常にバタバタしいたような気がします(苦笑)。

B-Joo:ホテルにあるサウナに行ったのですが、そこで驚いたことがありました。サウナの中にお水が汲まれている場所があって、皆さんサウナを出るときに自分が座っていた席を水で洗って出て行っていたのがすごくびっくりしました。韓国では特にそういうことはしないので…



HoJoon







B-Joo
 


HANSOL:僕は、スケジュールの合間にたまたま住宅街を歩いたことがあったのですが、そこに住む市民の方々が団体でゴミの整理や分別をしていたのに驚きました。すごく良い文化だなぁ、と思いました!

Nak-Ta:あ、僕も似たような経験を!ホテルの前の信号で、車が一台も走っていないのに赤信号だからと待っていらっしゃる方がいました。韓国ではなかなか見ない風景なので…(笑)
(一同納得…笑)



HANSOL



Nak-Ta

 


Q. 今回の来日時に必ずやってみたいこと、また公演で挑戦してみたいことは?

P-goon:公演の後に、皆で温泉に行ってみたいです。
 
全員:良いね~~~

P-goon:あとは、もしも1日でも個人の時間があれば富士急ハイランドに行ってみたいです。あと公演でやってみたいことは、床からバ~ン!!!と飛び出してくる演出をやってみたいです。僕すごく上手くできると思うので(笑)
 
全員:おお~~~

HoJoon:僕はファンの皆さんの上をクレーンでまわるような演出をしてみたいです!
 
P-goon:クレーン…競技場レベルの大きさでやらなきゃだね(笑)
 


Q. 3rdアルバムの発売以降、メンバーの脱退や軍入隊など様々な出来事がありましたが、この1年間はToppDoggにとってどんな時間でしたか?

YANO:この1年間、何もしなかったメンバーは一人もいませんでした。メンバーそれぞれが一生懸命準備をし、自己開発のために努力していました。あとはグループの未来についてもメンバー同士で話し合う機会もたくさん設けましたし、とにかく準備に務めてきました。
 
SangDo:やはり、メンバー数が少なくなった分、その空席を埋めるために努力しとたと思います。僕たちにとってもすごく意味のある時間だったと思います。 
 


YANO



 


Q. 日本のファンと韓国のファンの違いはありますか?

HANSOL:韓国のファンは、“うちの子供たち!がんばれ!かっこいい!上手く出来るよ~!”という雰囲気ですけど、日本のファンは“がんばれ~~!!!上手く出来るよ~~!”そういう感じ。
 
全員:それ一緒じゃない?(笑)
 
HANSOL:いや、違うんだよ~!
 
Xero:言葉が違う(笑)?
 
HANSOL:違うよ~~!
 
SangDo:日本のファンの皆さんは、すごく集中して見てくれて「わぁ~!」「すご~い!」とか、感嘆の声を上げてくれて、良いリアクションをいつも見せてくれると思います。韓国のファンの皆さんが「きゃ~~!!!」ならば、日本のファンの皆さんは「わぁ~~すご~い」という感じでしょうか?(笑)
(日本のファンは)感性的なリアクションをよくしてくださるイメージです。



Xero



 


Q. 今回の日本公演のために特別に準備していることはありますか?

SangDo:事前にお答えすることは出来ません(笑)
 
B-Joo:あ、「THE BEAT」という楽曲を披露します(笑)
 
HANSOL:まだ詳しいコンテンツ自体がたくさんの案の中から確定していない部分もあって…
あ、もしも可能なら僕が作った振り付けを(パフォーマンスチームのメンバーではない)別のメンバーと踊ってみたいです。ダンスを重点的にやっているメンバーではなく、作詞・作曲をしているメンバーたちと…
とにかく、今色々と計画中です!



B-Joo



Q. 前回KOARIとのインタビュー時に、一度もメンバー皆で遊びに行ったことがないと話していましたが、その後遊びに行きましたか?

B-Joo:(日本語で)まだです。


P-goon:今回、リアリティ番組をすることになったのですが、そこでそういう(みんなと一緒に遊んでいるような)感覚を味わうことが出来ました。
 
HoJoon:5時間ほどしかなかったですが…(笑)
 
YANO:2泊3日ぐらいで行ってみたいです
 
全員:それは長くない?(笑)



Jenissi





Q. 日本のファンの皆さんに一言お願いします

Jenissi:僕たち自身が日本へ行くのをずっと待っていたように、ファンの皆さんも待っていてくださっていると思います。僕を含めメンバー全員の望みは、前回来て下さった方々みなさんと今回もお会いすることです。
そして今回の公演は、違った僕らの新しい姿をお見せする公演にもなると思います。
僕自身、前回の公演はファンの皆さんと一緒に楽しむ余裕が足りなくて、惜しい部分がたくさんありました。
僕たちは今も成長しているグループなので、ファンの皆さんと一緒に成長していきたいという想いをお伝えしたいです。また、常に僕たちがファンの皆さんを大切にし、愛しているのだということをわかっていただけたら、うれしいです。
ありがとうございました。


 



インタビュー中、常にメンバー全員が耳を傾け、一生懸命に質問に対して考えてくれる姿がとっても印象的だったToppDogg。そんな彼らの真摯な姿が音楽やパフォーマンスにも現れていますし、この1年間の充電期間は彼らがより飛躍するための必要な時間だったのだと改めて実感したインタビューだったのでした^^
 





(左から)P-goon、Nak-Ta、SangDo



(左から)
A-Tom、Jenissi、YANO



(左から)Xero、HANSOL、HoJoon、B-Joo


そんな彼ら、来年1月には日本での公演も決定しております!
常に成長し続ける彼らの姿をこの目で確かめてみませんか??


 
【ToppDogg コアリ単独インタビュー記念プレゼント!】
インタビューを記念し、メンバー10人全員分の直筆サインが入ったアルバム「THE BEAT」とポラロイド写真を各1名様にプレゼント!

[応募方法]
KOARIのツイッターアカウント(@Koari_korea)をフォローして頂いた後、このコラムを紹介しているツイートをRT(リツイート)して頂くだけで応募完了!

応募期間:2015/11/24~11/27 PM12:00まで
※賞品はご指定いただけません。また、当選者の方へのみツイッターのDMにて個別にご連絡を差し上げます。

 



◆公演インフォメーション◆
『ToppDogg 2016 Japan Concert~THE BEAT~』
◆日時:2016年1月16日(土)(昼公演) 15:00 開演 (夜公演)19:00 開演
2016年1月17日(日)(昼公演) 13:00 開演 (夜公演)17:00 開演
◆会場:(東京)山野ホール(山野美容専門学校内)
◆料 金:9,720円(全席指定・税込)
◆ 一般プレイガイド先行:12月 5日(土)~
◆ 一般発売:12月19日(土)~
◆来場者特典
1.公演終了後、来場者全員とハイタッチ会 
2.全4公演購入者限定 チェキ撮影会

◆公演に関する問合せ:Mdash (バッドニュース) Tel : 03-6416-1515
                (月~金:10:00-18:00)
詳しくは ToppDogg ジャパンオフィシャルファンクラブ
ToppKlass Japan⇒ http://www.toppdogg.jp/




ToppDogg関連商品はこちら

 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.