[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

この夏、韓国映画がアツい!~「侠女、刀の記憶」編~

2015/08/19 16:35  色々コラム

アンニョンハセヨ!mariです。
先週“この夏、韓国映画がアツい!”と称して映画「ビューティーインサイド」の紹介をさせて頂きましたが(詳しくはこちら)、“この夏アツい”シリーズの第二弾!
 

今回ご紹介する作品はこちら!
 



 
 
「侠女、刀の記憶」



 


(あらすじ)
刀が支配していた時代、高麗末。
王を夢見た一人の男の裏切りの後、18年後、彼を狙う二つの刀。
 
高麗を貪る剣、ユベク(イ・ビョンホン)
大義を守る剣、ウォルソ(チョン・ドヨン)
復讐を夢見る剣、ホンイ(キム・ゴウン)
 
意味の違う三つの刀が今ぶつかり合う…
 


 
(メイン予告編)
 
 

 
イ・ビョンホンの時代劇二作品目、そして韓国を代表する超演技派女優チョン・ドヨン、そして“第二のチョン・ドヨン”と名高い若き実力派女優キム・ゴウンという超豪華な3人が主演の作品です。
 
この作品、実は2013~2014年の冬に撮影が行われており、当初は2014年に公開が予定されておりましたが、公開予定の時期にイ・ビョンホンの脅迫事件が起こってしまうなど、様々な事情により、やっとのこと!!待ちに待って!!!!晴れて2015年の夏に公開となりました^^
 
 

先週8月13日にすでに公開されており、現在BOXOFFICEでは4位にランクイン中。
この夏は、「暗殺」「ベテラン」「ミッションインポッシブル」など大作&話題作が多い中、実は少し苦戦中とも言えるこの成績ですが、わたくし先日映画館に足を運んでまいりました^^
 

 
なんとこの日は舞台挨拶が!!
 
 
この日の舞台挨拶にはパク・フンシク監督を始め、チョン・ドヨンとキム・ゴウン、そしてイ・ジュノ(2PM)が出席となりました^^(詳しくはこちらのニュースをどうぞ)
 

この映画、監督が中国の武侠小説「射鵰英雄伝」を読み、そこに登場する女性武士たちの魅力に魅せられたことから始まったようです。
この小説が女性武士の話なだけあって、映画「侠女」もアクションシーンがものすごくたくさん登場します。

 






(アクション誕生記映像)
 
 

この映画のポイントのひとつである剣を操るアクションシーン。
撮影時には苦労したというだけあって、多く登場するシーンはまさに圧巻!力強いカリスマでアクションを見せるイ・ビョンホン美しく舞うように剣を扱うチョン・ドヨン復讐のために気持ちをその剣に込めるキム・ゴウン。それぞれのアクションに個性が見えるものとなっていました。
 

 

 
 




そしてもう一つのポイントといえば、
今回で映画出演3作品目となる2PMのイ・ジュノ!





劇中でジュノはユベク(イ・ビョンホン)に憧れ、野心を抱く若き剣客ユル役を演じています。
野心を持ってユベクの元に仕えるものの、ユベクへの復讐を夢見るホンイ(キム・ゴウン)に心惹かれ、ホンイがピンチな時には助けてくれて傍にいてくれる、まさにステキ(過ぎる)な王子様♥(ん?)


 

 


そいういう意味では緊張感溢れるストーリー展開の中で、ユルの存在は緊張を少しやわらげてくれる良いスパイスとなっています。
 
すごく強くて野心もあって、だけど好きな女の子の前では少しタジタジもしてしまう…
そんなまさに


“全世界の女子が夢見る理想像”


でございました(え、私だけ…?笑)。

 


また、初めての時代劇ということで「大丈夫かな?」と心配していた私(←安定の親戚のおばさん目線)でしたが、そんな心配はどこ吹く風!
制作報告会ではイ・ビョンホンも語っていましたが、元々2PMとしてアクロバティックな動きやダンスに老練していたこともあり、アクションシーンも、ものす~~~~ごく”サマ”になっているっっっ!
前作の「監視者たち」「二十歳」とはまた違った姿を見せてくれました^^
 
 
少し惜しかった(?)点を上げるとすれば、忠誠を誓ったユベクと心惹かれるホンイが敵対しているということで起こるユルの葛藤があまり描かれていなかったということ。。。
まあ、主演が3人ということでこの3人のストーリーが作品の大部分を占めるので、ジュノ演じるユルの葛藤が少し後回しになってしまうのは仕方がないと言えば仕方ないのですが・・・(涙)
 
 
 
あれ、いつの間にかジュノの目線に・・・汗(興奮しすぎ)
 
 

失礼しました…汗
 
 
 

話を元に戻しまして・・・
映画を見終わってやはり一番印象に残ったのは、 “登場人物たちが抱える葛藤と苦悩”
 


(キャラクター誕生記映像)
 

 
その中でもイ・ビョンホンは、野望に溢れ仲間を裏切って王の座を夢見るユベクを演じていますが、ところどころに彼の葛藤が垣間見え、それがひたすら静かに描かれていくその場面ごとにスクリーンに引き込まれそうになるほど

 

 


改めて“グローバル俳優イ・ビョンホン”の力を見たような気がしました。
 


 
というわけで、この夏の注目作の一つである「侠女、刀の記憶」は現在絶賛公開中です!
皆さんもこの夏韓国に来られることがあればぜひ映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか^^??
 
 

<関連記事>
[Photo]“剣にも心がある”三人の剣士が描く映画「侠女、刀の記憶」制作報告会
[Photo]イ・ビョンホン、“ジュノからはアクションの老練さが見えた”と絶賛
[Photo]チョン・ドヨン、現場で“イ・ビョンホンに怒られた”?!

 

<韓国で映画を観よう!~ソウル映画館ガイド~>



イ・ビョンホン関連ニュースはこちら

イ・ビョンホン関連商品はこちら


チョン・ドヨン関連ニュースはこちら

チョン・ドヨン関連商品はこちら


キム・ゴウン関連ニュースはこちら

キム・ゴウン関連商品はこちら


ジュノ(2PM)関連ニュースはこちら

ジュノ(2PM)関連商品はこちら
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.