[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

俳優 ホン・ジョンヒョン インタビュー

2014/04/02 14:34  ピックアップ

 

モデルから俳優、そしてMCと様々な分野で活動中の多才多能な俳優ホン・ジョンヒョンをKOARIピックアップで取り上げる。
現在もこれからが楽しみな俳優 ホン・ジョンヒョン。


ドラマ「乱暴なロマンス」の憂いに満ちた眼差しのソ・ユニ、冷静で強情なソ・チャンフィ役を演じたドラマ「チョン・ウチ」、最も新しい作品「シラノ;恋愛操作団」のクールなエンジニア ムジン役、様々な作品でクールで落ち着いた姿を見せて来たホン・ジョンヒョンに実際の性格について尋ねた。

ジョンヒョン : 元々人見知りもする方だし、ルックスのせいなのか、最初は冷たそうに思う人達もいるようだ。でも、時間が経って親しくなればよくふざけたりもするしおしゃべりになる。
原則主義だとか完璧主義者という訳ではないけど、一つの目標を決めたことがあればそんな風になったりするタイプだ。


実際にホン・ジョンヒョンは19歳の時に思った「変わってはいけない」という言葉を今でも心に持ち続けているという。

                           

ドラマ「武士ペク・ドンス」「チョン・ウチ」では時代劇を、「ヴァンパイアアイドル」ではシットコムを演じ、「シラノ;恋愛操作団」「親愛なる者へ」等ではトレンディドラマと、本当に様々なジャンルに挑戦しているホン・ジョンヒョンに、その中でも特に難しかったジャンル、自分によく合っていたと思うジャンルについて尋ねてみた。

ジョンヒョン : うーん、100%合う役は無かったように思う。難しかったのは、やはり時代劇はセリフ回しを時代劇調にしなければいけないのが大変だったし、アクションをこなさなければならないので、準備しなければならない部分も多く簡単ではなかったと思う。あと、シットコムは他のジャンルに比べてセリフの量が多くてすごく神経を使ったと思う。

満23歳という若い俳優 ホン・ジョンヒョンは、同年代の他の俳優に比べて実にバラエティな役を演じこなして来た。彼の記憶に残っている作品はどれだろうか?

ジョンヒョン : 記憶に残っている作品は沢山ある。やって来た作品一つ一つが大切で記憶に残っている。初めて主人公を演じた「ジャングルフィッシュ」、同年代の仲間が多かった「ホワイトクリスマス」、初の時代劇「武士ペク・ドンス」、最近苦労しながら撮影した「チョン・ウチ」等、どれも苦労したけれど一生懸命やった作品なので思い出に残っている。

既に色んな役を演じたホン・ジョンヒョンが今後挑戦してみたいのはどんな役なのか気になる。

ジョンヒョン : 挑戦したい役は本当に沢山ある。僕がこれまでやったことがなかったキャラクター、例えば明るい役とか悪役とか、アクションもいいし、ストーリーの鍵を握っている、そんな役をやってみたい。

                         


以前「Show! K music」でもMCを経験し、最近は親友のイ・スヒョクと「スタイルログ」という番組の司会をして話題になっているホン・ジョンヒョンにとって、MCとして活動するというのが本人の演技活動に役立っているか尋ねた。

ジョンヒョン : よくわからないけどカメラの前でナチュラルな一面を沢山発見できていると思う。アクションのサインに合わせて集中して演技をするのとは違い、ナチュラルなところを見せることができる仕事という意味で役立っているんじゃないかと思っている。

ホン・ジョンヒョンは演技に対する意欲が尽きないようだ。いつも演技について話す時、真剣で目に光が増す。


本当に忙しく過ごしているホン・ジョンヒョン、もしも少しでもオフの時間が出来たら何をしているかが気になった。

ジョンヒョン : オフの時は溜まっていた事を主にやったり、何かに夢中になれることをやっているように思う。精神的だったり肉体的だったり、運動や何かを作りながら動いて集中している時にストレスが解消される。

昨年12月には日本でのショーケースで日本のファンに出会う等、海外でも活動しているホン・ジョンヒョンに当時の思い出を聞いた。

ジョンヒョン : あの時はすごく慌しかったので記憶があやふやだ。『チョン・ウチ』の撮影中だったのでスケジュールもハードだったし。記憶に残っているのは、沢山の方達が会場に来てくださったこと…僕が準備して来たことにすごく歓声を上げてくださったこと…それとマナーがすごく良かったということ…。

つまり、その時に良いパワーを沢山受け取った、ということだ。

                       

最後にホン・ジョンヒョンという俳優はどんな姿でファン達の記憶に残りたいかを尋ねた。

ジョンヒョン : これからはまずは俳優として演技力を認められたい。俳優は演技が上手くなくてはならないから。それから僕のカラーを持ちたい。ずっと成長し、変化をしようと努力し挑戦しているが、その中で僕ならではのカラーや個性を持ちたい。

自分だけのカラーを持った俳優ホン・ジョンヒョンに成長していく姿をコアリも応援していきたい。



ホン・ジョンヒョン
生年月日:1990年1月7日 血液型:A型 身長:182cm
Official site : http://hong-jonghyun.jp/
 

  俳優 ホン・ジョンヒョンに応援メッセージを書込みしてください!
  メッセージをくださった方の中から抽選でホン・ジョンヒョンの直筆サインをプレゼントいたします。
 
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.