[ 今注目のキーワード ]  韓国ドラマ視聴率ランキング │  最注目俳優チャン・ギヨン初来日ファンミ │  公式キャラクター“コアリちゃん”登場! │  話題の新鋭キム・ヨンデ │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

韓国映画ボックスオフィスランキング[2019年5月3週目]

2019/05/20 14:01  ホットイシュー

【韓国映画ボックスオフィスランキング】 2019/5/17~5/19
1位 悪人伝
2位 アベンジャーズ/エンドゲーム
3位 ガールカップス
4位 名探偵ピカチュウ
5位 陪審員たち


「悪人伝」
悪人伝、マ・ドンソク


1位には今韓国で最も引っ張りだこな俳優の一人マ・ドンソク主演「悪人伝」がランクイン。
「悪人伝」は、偶然に連続殺人間の標的にされた暴力団のボスと犯人逮捕に血眼になっている捜査一課の”狂犬”、妥協することは出来ない二人が手を組んで犯人を追跡する犯罪アクション映画。暴力団のボス役をマ・ドンソク、捜査一課の狂犬をキム・ムヨルが演じている。



「陪審員たち」
陪審員たち、パク・ヒョンシク


5位にはムン・ソリ、パク・ヒョンシクら主演「陪審員たち」がランクイン。
「陪審員たち」は、初めて国民参加裁判の陪審員になった普通の人々が彼らだけの方式で少しずつ事件の真実を見つけていく内容を描いた作品。2008年に初めて導入された国民参加裁判での実際の事件がモチーフとなている。
本作はパク・ヒョンシクの入隊前最後の作品であり、本格的な商業映画デビュー作としても注目を集めている。
尚、パク・ヒョンシクは6月10日に入隊が決まっている




過去の韓国映画ボックスオフィスランキングを見る>>



KOARIスタッフおすすめ韓国映画&ドラマ特集コラムを見る>>
 
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.