[ 今注目のキーワード ]  JKS THE CRISHOW Ⅳ │  TRCNG 日本デビュー │  イ・スンギ主演映画上映会ツアー │  キム・ナムギル ファンミーティング │  イ・ジョンソク │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

“国民の弟”から“大人の男”へ!イ・スンギの活躍に注目!

2018/02/09 14:19  ピックアップ

アンニョンハセヨ!KOARIです。
 
昨年2017年は、スターの除隊ラッシュが続き、年が明けた2018年現在、約2年間のブランクをものともせず活動を華々しく再開させているスターが大勢います!
(「2017年、除隊後の活躍が期待されるスターは?」アンケート結果もご覧ください♪ )
 


 そんな中でも、除隊後の活躍が目覚ましいスターが…


イ・スンギ
イ・スンギ



先ほど触れたアンケートでも4位にランクインしていたイ・スンギ。
2016年2月1日に入隊したイ・スンギは、5週間の基礎訓練後3月14日から自らが希望し特殊戦司令部に配属。約20か月間に渡る服務を無事終え、2017年10月31日に除隊しました。
 
そんな彼ですが、除隊前から復帰作について“復帰はドラマか?バラエティか?はたまた映画か?”と、様々な熱い報道が行き交うなど、まさに“全国民が待ち望んだ除隊”を果たしたわけですが、彼が除隊後復帰作として選んだのはドラマ!

 
それが現在韓国で絶賛放送中のこちら!


「花遊記」
花遊記



「トッケビ」「応答せよ」シリーズなど、ドラマには定評のあるケーブル放送局tvNが贈る新たなファンタジードラマである「花遊記」
脚本は「美男ですね」、「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」、「主君の太陽」など人気ドラマを生み出したホン姉妹が脚本を、そしてメガホンをとるのは「善徳女王」、「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」などをパク・ホンギュンプロデューサー。
(「花遊記」に関してはこちらでも詳しくご紹介しています^^ぜひご覧ください)


イ・スンギのほかにチャ・スンウォン、FTISLANDのイ・ホンギ、そしてオ・ヨンソと、主役級の俳優たちが勢ぞろい。スタッフ&キャスティングを聞くだけでもワクワクするこのドラマ。
 

本作でイ・スンギが演じるのは孫悟空(ソン・オゴン)役
イ・スンギ

悪童妖怪である孫悟空。
ちょっぴり生意気ながらも時折見せる男らしさや色気が垣間見えるところが、
イ・スンギならではの魅力といっても過言ではないかと思います^^

現在韓国で放送中なのですが、視聴率も6%代とケーブル放送局としては好調なスタートを見せ、
好評放送中です^^
 

 
またドラマ以外にも、昨年末からにこんな番組が韓国でスタートしました!



「チプサブイルチェ」
チプサブイルチェ


SBSの週末の新バラエティとしてスタートした「チプサブイルチェ」。
人生についてはてなマークだらけの若者4人が、我が道を行く一風変わった人生の先輩を訪れ、苦楽を共にして悟りを開く姿を描くバラエティ番組。
放送では毎回違う人生の先輩の元を訪れ、彼らのライフスタイル通りに生活。ハプニング満載の一日が描かれます。
 
イ・スンギのほかには俳優イ・サンユン、BTOBのユク・ソンジェ、そしてコメディアンのヤン・セヒョンが若者4人として出演中。

人生の先輩としては、ベテラン歌手として独自の世界観を持つロックの大家チョン・イングォン、また韓国を代表する野球選手であり、かつては日本でも活躍したイ・デホが出演するなど、多彩な顔触れとなっています。
 
この番組の中でもイ・スンギの魅力は全開!
以前から“ホダン(しっかりしてそうに見えて抜けている部分がある人のことを指す韓国語)”と言われてきたイ・スンギですが、この番組でもホダンは健在!
 

特に、今回の番組でフューチャーされるのはイ・スンギの“軍隊話”。
昨年除隊したばかりのイ・スンギですが、事あるごとに何かと自身の軍隊時代の話を持ち出しては、それはもう熱く熱く語るのです。
(韓国では除隊したばかりの男性が何かと軍隊時代の話を持ち出すのはいわゆる“あるある”です)
 
 
 
その中でもお茶の間を爆笑させたシーンを少しご紹介!
 
こちらは車の中。いつものように4人が車に乗ってドライブをしている時のこと。
これからどこに行くのかなぁと話しているうちに「山はどう?」と話は進みます。
するとイ・スンギの目がキラッ
 

「僕、軍隊に行ってから山が好きになりました!」から始まり、
「山に行くとこんな訓練があって…こんなこともして…こんな経験も…」と一人機関銃のように話し始めます。

 イ・スンギ
キラキラ輝き始める眼差し(笑)


イ・スンギ
(皆も一旦は聞いてあげている様子)

話はもはや山の話ではなく、ただの軍隊話になってきております。


イ・スンギ
(寝ちゃだめだ…寝ちゃだめだ…)

延々と続く先輩の軍隊話に眠気と戦っているBTOBユク・ソンジェ(笑)



イ・スンギ
すると運転席に座るコメディアンのヤン・セヒョンが
「スンギ、あそこの信号見えるだろう?あそこを過ぎれば軍隊の話は終わりにしないか?」と提案し、車内は大爆笑(笑)


「いや、もっとします。向こうの駅まで話します」とひつこく食い下がるイ・スンギの“ネバーエンディング軍隊ストーリー”にお茶の間は爆笑の渦となったのでした。(私もその一人…笑)


ドラマにバラエティに、除隊後も変わらず様々な魅力を披露し続けているイ・スンギですが、それ以外にも彼の魅力を確認できるものがまもなくやって来ます!
 

それがこちら!!!
 

映画「宮合(原題)」
宮合
(「宮合(原題)」関連ニュースはこちら)


「今日の恋愛」以降二作目のスクリーン主演作品であり、また2013年のドラマ「九家の書」以来約5年ぶりの時代劇となります。


「宮合(原題)」は、朝鮮最高の占い師ソ・ドユンが、縁談を控えたソンファ翁主と、その婿候補たちとの相性を占いながら朝鮮の未来を変える最高の相性を探していくコメディ映画。
 

劇中でイ・スンギは、朝鮮最高の占い師といわれるソ・ドユンを演じます。
イ・スンギ

ソンファ翁主役には、若手演技派女優のシム・ウンギョン、そして婿候補の3人をヨン・ウジン、カン・ミンヒョク(CNBLUE)、チェ・ウシクが演じています。
 
占いとひとことで言っても色んなジャンルがあるのですが、本作での占いというのはいわゆる“四柱推命”。日本でも馴染みがありますよね^^
 
役作りのために、プライベートで何度も四柱推命を見てくれる占い師の元に通ったというイ・スンギ。
一体どんな占い師の姿を見せてくれるのか、期待です^^
 

また、本作は実は入隊前に撮影された作品。ということで、作品を見た時の第一印象は

“幼い!”(笑)
イ・スンギ

顔がどことなくふっくらしており、少しあどけなさが残っています。

以前行われた制作報告会でも本人が語っていたのですが、当時はまだ頬っぺたがぷっくらとしていたが、軍隊で厳しい訓練を受けるうちにいつの間にかそれがなくなってしまったとか!
 
本人も“僕のふっくらしたほっぺたが見られる最後の作品です”と語るように、
まさに彼のあどけない姿を見ることの出来る最後の作品となっています(笑)
 
 
そんなイ・スンギ主演の「宮合(原題)」、韓国で2月28日に公開されます。

 
そしてなんと!
この作品をいち早く、しかも日本語字幕付きで見られるチャンスが!
 
 
 
 
イ・スンギ主演映画「宮合(原題)」スペシャル上映会ツアー
イ・スンギ


「宮合(原題)」をいち早く鑑賞!しかも日本語字幕付きです!
また映画鑑賞後にはイ・スンギ本人によるミニトーク、写真撮影(団体)やハイタッチまで、ファンとのふれあいの時間も!
 
除隊後、より一層男らしさに磨きがかかったことで、これまでの天真爛漫な“国民の弟”から“大人の男性”へと益々その魅力を増しているイ・スンギの姿をぜひこの目で直接確認してみませんか???

詳しくはこちら
 

除隊後も勢いの衰えない彼の活躍、今後も大いに期待していきましょう♪
 


写真出処:tvN「花遊記」公式HP、SBS「チプサブイルチェ」放送キャプチャ、映画「宮合(原題)」ポスター&スチールカット



「宮合(原題)」関連ニュースはこちら


イ・スンギ関連ニュースはこちら

イ・スンギ関連商品はこちら


 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.